SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

理事長・学園長メッセージ

理事長西 泰子

須磨学園にとっての”to be myself,...”

私たちが生きていくこの激動の二十一世紀は、色々な人のそれぞれのありようや価値観を認めていかなければならない時代です。

この時代の中で、私たちは自分自身の在り方を探し求め、自分以外の人たちとどのように繋がっていくのか、またどのように社会と関わっていくのかが問われています。

須磨学園は、時代の要請と社会の要求に応える学校であることを目標とし、次の段階の教育を受けるに相応しい学力と人間性を兼ね備えた目的意識の高い生徒の育成を目指し、学校の在り方をそして我々教職員の在り方を模索しつつ学校改革に取り組んでいます。

学園長西 和彦

受験教育と教養教育と総合教育

自己実現の手段として、希望する大学への進学の実現が最も大切なテーマです。

このための国語、英語、数学、理科、社会をしっかり学びます。

しかし、それだけではなく、「生命」、「生活」、「人生」の質を上げるための人としての教養として、保健・体育、情報・家庭、音楽・美術のユニークなカリキュラムに楽しく取り組みます。

また、読書・新聞を通してインターネットの時代に対応した豊かな人間性、広い国際性、賢いリーダーシップを養う教育を自己実現というテーマで実践していきます。