SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

先輩たちの声・生徒たちの声

先輩たちの声

一期一会と思って

私の高校生活は互いに高め合える友人達や厚くサポートしてくださる先生方に恵まれ、大きく成長することができた3年間でした。
人生で一度しかない高校生活、須磨学園という充実した環境の中で多くの人と関わり、刺激を受けて、自分のやりたいことを見つけてみてください。

20期生京都大学教育学部教育科学科

恵まれた環境

須磨学園はなりたい自分になるための環境が整っており、部活と勉学を両立することができました。特にPMTMシートの活用は自分の課題をはっきりさせ、細かく計画を立てることができるのでとても便利でした。また、コロナ禍においても臨機応変に対応してくださり、充実した学校生活を送ることができました。

20期生神戸大学医学部医学科

多くの学びがある学校

須磨学園では主体的に学習し、積極的に行動できる環境が整っており、非常に有意義な学校生活を送ることができます。個性豊かな先生方は、勉強はもちろんのこと日常生活でも役に立つお話をたくさんしてくださります。須磨学園で得た経験はその後の人生においても必ず活きてくると確信しています。

20期生神戸大学文学部人文学科

掴み取った夢

Ⅱ類で入学した時、医学部に入るという夢は諦めかけました。しかし、友人と刺激し合いながら必死に3年間過ごすことでその夢を叶えることができました。毎日の9時学終わりの達成感と夜景の美しさは忘れられません。勉強もたくさんしましたが、行事や部活動などにも全力を注いで最高の青春を過ごすことができました!

19期生鳥取大学医学部医学科

勇往邁進

「どんな困難にも負けず目標に向かって勇敢に突き進む」私の高校三年間を表すにはこの言葉が一番でしょう。環境は全て整っている、結果は自分次第。そんな須磨学園を存分に活用したものが夢を掴み取れます。なりたい自分になるために、一瞬の高校生活を楽しみつつ、全力で駆け抜けてください。

19期生大阪大学文学部

楽しかった高校生活

私は京都大学主催の高大連携プログラムであるELCASに参加して他の高校生と共に、大学で実験をしたり、その内容を発表したりしました。高校生の間の経験は進路決定において重要なカギとなります。普段の勉強だけでなく、行事や課外活動にも積極的に取り組み、様々な経験を楽しんでください。

18期生京都大学工学部工業化学科

全力でぶつかれる場所

須磨学園には切磋琢磨できる仲間や、やりたいことができる環境が整っていました。本気でやるかどうかは自分次第、時につまずくこともありましたが、なりたい自分に向かってとても充実した3年間を過ごすことができました。

18期生京都大学農学部資源生物科学科

プロのフルート奏者を目指して

一人暮らしをしながら学業とフルートに励む日々の中で、先々を見据えて計画を立てる力を須磨学園で身につけられて本当によかったと感じています。自分の時間や課題を適切に管理しながら努力を積み重ね、プロのフルート奏者になれるよう頑張ります。

18期生東京藝術大学音楽学部器楽科

生徒たちの声

My School Life

私は小学生の頃から趣味で将棋を続けており、兵庫県各地で開催される数多くの大会に参加しています。プロ棋士の試合の棋譜を並べることで序盤の戦術や囲いを研究する活動をしてきました。高校生になって勉強時間が多くなりましたが、PM·TMを活用することで、勉強時間を確保しつつ、将棋との両立ができています。

充実した毎日

須磨学園に入学してから、朝と放課後の時間は大学受験に向けて音楽演習や楽器の練習を毎日頑張っています。吹奏楽部では、周りにいる部員の影響を互いに受けて質の高い練習ができています。日々の学習では、質の高い授業を受け、9時学に行くなどして自習の時間を確保し、授業の復習や定期考査に向けて努めています。

好きなことを追究する

私は須磨学園の先生方に感化され、数学に興味を持ちました。京都大学のえるきゃすでは、英語で数学書を読み、グラフ理論を用いてピックの定理やシルベスター・ガライの定理の証明を発表しました。校内の課題研究では、結び目理論に関して、不変量を設定し、三葉結び目などが、その鏡像と同値であるかを証明しました。

研究を通して未来が広がる

私は1年次から大阪大学SEEDSプログラム探究コースに参加し、手厚い指導の下、トモグラフィを含め宇宙線ミューオンを研究しています。トライ&エラーの繰返しは学びを決して投げ出さない姿勢を形作り、学校生活や私のTo be myselfの核となっています。肌で感じた研究の世界へ私も飛び込めるよう邁進します。

文武両道

私は、ソフトテニスで全国大会出場という目標達成に向けて早朝・放課後と一生懸命練習に取り組んでいます。練習に取り組む上で仲間の存在はとても大きく、切磋琢磨することで成長ができていると感じます。勉強面では限られた時間を集中して取り組み、定期考査前には9時学に行くことで文武両道ができるように励んでいます。

文武両道

私は中学校の時に須磨学園ソフトテニス部の試合を見て応援の人と試合をしている人が1つになって喜んでいる姿に感動し、このチームに入って活躍したいと強く思いました。そして今、私は顧問の先生や仲間と共に日本一を目指し日々の練習に励んでいます。そして志望校合格のため、空き時間を有効に使い、勉強も頑張っています。