SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

先輩たちの声・生徒たちの声

先輩たちの声

自信を持てる経験を

私は、皆さんに、勉強でも部活動でも恋愛でも何か一つ成し遂げたと胸を張れる経験をしてほしいです。そこで得た自信は、壁にぶち当たったときに、自分を奮い立たせる勇気になります。私が実際そうでした。須磨学園はそういったことのできる環境がそろっていますよ!

共学8期生 男子 (兵庫県 企画県民部 管理局 私学教育課 勤務)

プロのフルート奏者を目指して

一人暮らしをしながら学業とフルートに励む日々の中で、先々を見据えて計画を立てる力を須磨学園で身につけられて本当によかったと感じています。自分の時間や課題を適切に管理しながら努力を積み重ね、プロのフルート奏者になれるよう頑張ります。

共学18期生 女子 (東京藝術大学音楽学部器楽科)

楽しかった高校生活

私は京都大学主催の高大連携プログラムであるELCASに参加して他の高校生と共に、大学で実験をしたり、その内容を発表したりしました。高校生の間の経験は進路決定において重要なカギとなります。普段の勉強だけでなく、行事や課外活動にも積極的に取り組み、様々な経験を楽しんでください。

共学18期生 女子 (京都大学工学部工業化学科)

全力でぶつかれる場所

須磨学園には切磋琢磨できる仲間ややりたいことができる環境が整っていました。本気でやるかどうかは自分次第、時につまずくこともありましたが、なりたい自分に向かってとても充実した3年間を過ごすことができました。

共学18期生 男子 (京都大学農学部資源生物科学科)
生徒たちの声

校外活動も積極的に

私は、秋に行われる「京都大学 学びのフロンティア2019」において、プレゼンテーションをする予定です。先生方のご指導のもと、大学生や若手研究者と共に学問や大学進学、研究について発表を行います。学校内のみならず、さまざまな校外での活動に積極的に取り組むことのできる環境が、須磨学園にはあると感じています。このような取り組みに挑戦することを通して、自らを成長させていくことができると思います。

高校 女子

貫き通せる学校

私は、須磨学園の特色の一つであるPMにより、一度決めたことを必ず実行に移すことの大切さを知りました。それは、一週間スパンのものであっても、一年スパンのものであっても、です。また、須磨学園は、生徒の希望や夢にとても寄り添ってくれます。自分に絶対に叶えたい夢があるなら、須磨学園での3年間は、必ずそれに大きく近づくヒントをくれます。確たる夢を持ち、須磨学園での3年間を走り抜けたあとには、自分が3年前に思い描いていた夢がそこにあるはずです。

高校 男子

自分の殻を破る

須磨学園では、放課後の講座や自習室開放、9時学など、授業外でも手厚い勉強のサポートがあり、放課後の時間を有効に使うことができます。私は放課後には頻繁に図書室に行き、友達と意識を高め合いながら勉強しています。また部活動も盛んで、私はESS部に所属しています。いろいろな活動をする中で、もともとは恥ずかしがり屋だった私が、自分の殻を破り人前で話せるようになったときは、とても達成感を感じました。最近はスピーチコンテストでの勝利を目標に、日々精進しています。

高校 女子