SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

大学入試制度改革への対応

【英語学習の取り組み】
国際理解教育を徹底して深める

「話す」を中心とした英語4技能(聞く・読む・話す・書く)対策として、“Phonetics”(音からはじめる授業)で、まず正しい発音を身につけることを重視します。海外の学校との積極的な交流などにより「国際理解教育」においても充実したプログラムを用意しています。

【論理国語講座】
考えるべき課題、正しい論理を追求

これからの社会ではますます思考の流れを整理し、説明する「記述力」が問われるようになります。正しい結論に導くクリティカルシンキングを身につける基礎的態度を育成し、ディベートのスタイルも学びます。「小論文」「志望理由書」の書き方も実践的に習得することができます。

【飛び立て!未来のScientists!講座】
実験を題材にデータを分析、検証

実験をもとに、そのデータ、情報を読み取り、考察・検証する力の向上を目指します。「基礎的実験技術の習得」「実験ノートの作成」「実験考察の仕方」も重要なカリキュラムと位置づけています。「探究学習」にも力を注ぎます。

大学入試制度改革のポイント

英語力を磨く

【Phonetics(フォネティクス)】

発音体系を身につけるために必要な「音から始める、耳を鍛える教育」です。英語が自然に口から出る回路を養います。発音記号の理解も重要です。正しい発音の仕方を習得するためのプラクティス、上達するためのエクササイズを繰り返します。

【Phonics(フォニックス)】

英語圏では、こどもに読み方を教えるための教育方法として用いられています。フォニックスを学ぶことで「英語が読め、英語が書ける」という技能が身につきます。

【CLIL(クリル)】 Content and Language Integrated Learning

他の教科と英語の語学学習を統合したアプローチです。教科内容を題材に英語の4技能を高め、生徒たちの発信能力を向上させるなど、英語教育の質的向上を目指します。

【English Camp(イングリッシュキャンプ)】

Osaka English Village(OEV)に行きます。英語を楽しみながら学ぶ、体験型英語教育施設です。異文化に対するハードルを下げる第一歩として、アメリカに来たかのような空間で、英語に触れられます。

【新入試対応(4技能)】

2020年度から始まる大学新入試制度の下で、英語入試の4技能化が進み、資格・検定試験を利用した入試も増えています。本校ではGTEC、実用英語技能検定、TOEFL、TEAPなどを活用しながら、新入試に対応できる力を身につけます。