SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

先輩たちの声・生徒たちの声

先輩たちの声

充実した学校環境

私は硬式テニス部の部長として部活を最後までやり遂げ、予備校に通うことなく、志望する大学へ進学できました。このような人は私の大学でも滅多にいません。須磨学園には、夜9時までの自習室の開放や特別講座等があり、大学進学のための環境は整っています。学校を最大限利用して自己実現を果たして欲しいと思います。

9期生大阪大学医学部医学科

6年で得た自己管理能力

私は京都大学薬学部で学んでいます。今は突然のコロナ禍のため、下宿先で1人勉強し続けなくてはならない環境にあります。須磨学園のPMTMで身につけた自己管理能力は、どのような状況にあっても自分のやるべき事を見失わず私の支えとなっており、改めて大切さを認識しています。

9期生京都大学薬学部

最高の仲間ができる環境

須磨学園には文化祭や体育祭などの学校行事以外にも、国内、海外への研修旅行など多くのイベントがあり、それらを全力でサポートしてくれる先生方、そして何より一緒にそれらのイベントを乗り越えていく最高の仲間に出会うことができます。そんな仲間のおかげで、何度失敗しようともなりたい自分を模索し、どんなことにも臆せず挑戦できる人間に成長することができます。

10期生東京大学理科二類

最高の友 最高の先生

私は須磨学園で生涯の友と師に出会いました。これでもかというほど沢山の研修旅行や、夜遅くまである9時学、そして、先生の白熱した講座をみんなで楽しみながらも乗り越えてきたからこそ得られたように思います。あんなに充実した生活を過ごせて幸せでした。

10期生東京医科歯科大学医学部医学科

広い視野を得られる環境

須磨学園では研修旅行や様々な活動によって、広い視野を得ることができました。もちろん机での勉強も重要ですが、さまざまなイベントに打ち込む経験や、世界で他の文化にふれる経験など日常ではできないこともすることができました。その経験は、自分の好きなことや得意なことを見つけることにとても役に立っています。

11期生京都大学医学部医学科

新たな自分との出会い

須磨学園では、ここでなければ体験できないような、貴重で、多様な経験をさせていただき、自分自身の持つ可能性を広げることができました。特に、数々の研修旅行を通して、自分の興味の範囲が格段に広がり、新たな世界に出会えました。須磨学園で十代の大事な時期を過ごせて、本当に良かったと思います。

11期生東京大学理科一類

なりたい自分になるために

須磨学園には、他の学校にはない独自のプログラムがたくさんあり、それらを通して貴重な経験ができます。特に、海外研修旅行やオックスフォード短期留学は私の視野をぐっと広げてくれました。皆さんもなりたい自分になるために、須磨学園で充実した学校生活を送り、自分の未来を切り拓いていってください!

11期生京都大学工学部電気電子工学科

活きる経験

私は高校2年の夏から2年間UWCインド校に留学しました。初めは、言語・文化・教育内容の違いに戸惑いましたが、須磨学園での国際交流の経験や先取り学習のおかげで余裕を持って楽しむことができました。留学中も須磨学園の先生方や仲間の存在は大きな心の支えでした。須磨学園とUWCの両校を卒業でき、支えてくださった方々に感謝しています。

11期生Imperial College London

生徒たちの声

叶えたい夢に向け一歩先へ

僕は、中1から陸上競技部に所属し、100m・200mで全日本中学校陸上競技選手権大会に出場しました。結果は予選敗退、全国大会では自分の力は通用せず、とても悔しい思いをしました。しかし、努力する過程で得たものはとても大きいと思います。どうすれば速く走れるのかをひたすら考えて、PMTMに自分に必要なことを書き出し、それを達成するよう実行したり、日常生活を少し変えてみたりしたことで、中学生になって、とても成長できたと感じます。須磨学園は勉強だけでなく、部活や行事などにも力を入れています。海外研修旅行など、中学という早い段階から様々な体験もでき、社会に通用する人間になるよう指導もあるため、自分の叶えたい夢の実現に向けて一歩先に進めます。僕は高校でも目標を高く持ち、その経験を大人になっても活かしたいと思います。

2019年度 英語スピーチコンテスト全国優勝

ESS部には、英語能力の向上はもちろん、どこでも通用するような自分らしさを見つけるために入部しました。初めての出場だったので当初は不安だらけでしたがコンテストに向けて原稿を書き直すうちに、周りの人に聞いてもらいたいと心から思うことは何か、自分に何度も問いかけるようになりました。スピーチのトピックが「自身の過去の経験に基づいたもの」だったので時に自分の辛い経験を思い出してしまい前に進めないこともありましたが、本大会では原稿が、単なる一原稿としてではなく私の生きた言葉として聴衆に届けられた点を評価していただけたのかなと思っています。この大会をきっかけにしてさらに英語を楽しみたいと思えるようになりました。

2019年度 競技かるた全国大会ベスト8

私は競技かるた部に所属しています。競技かるた部では、かるたの試合をしたりトレーニングをしたりなど週3日で活動しています。私は競技かるた部に所属したくて須磨学園を志望したので、こうして競技かるた部で活動することができて本当に楽しいです。大会にも積極的に出ています。今はまだ中学生ですが高校生になると出場できる大会が増えるので、昇段をめざして練習に励んでいます。これからも色々な大会に出たり、先輩後輩とコミュニケーションをとったりしながら活動していきたいと思います。

カードゲーム世界大会で9位

僕がポケモンカードゲームをはじめたきっかけは、6歳の時祖父母に初心者向けのセットを買ってもらったことです。4年生の時に大規模な大会で準優勝したことで勝ちを追求するようになりました。そして6年生の時にサンフランシスコの世界大会に出場し21位、中3の時にワシントンの世界大会で9位という結果を残せました。ポケモンだけに限らずカードゲームの良いところは交友関係が広がることです。僕には北海道から九州まで様々な年代、職業の知人がいます。またカードゲームは運要素が強いとよく言われますが、強いカードに対して、どのカードを組み合わせて対策するのか、相手よりもうまく盤面を支配するのか考えるのはカードゲームの醍醐味です。最後に、僕の次の目標は世界大会で表彰台に上がることです。この目標が達成できるように、日々精進していきたいと思います。

授業について

中学生になると難しいことを習いますが、先生方に分かりやすく説明してもらったり、授業の最後に確認テストを行ったりすることで自分の弱点を知ることができ、さらに理解を深められます。

制携帯について

制携帯を使うことで家でも友達と連絡を取り合ったり、先生に質問したりすることができ、とても便利です。また、制携帯やパソコンを使う授業も多く、安全な使い方を学ぶことができます。

特別講座について

放課後の特別講座では基礎的なことから発展的なことまで自分に合ったレベルの講座を自分で選ぶことができます。それによりわざわざ塾に行かなくても着実に成績を伸ばすことができます。

個別指導について

それぞれの弱点をみつけてくださり、個々の進度に応じたアドバイスをいただけます。はっきりと成果が上がっていくのを実感し、とても楽しく学習ができます。

サマーキャンプについて

美しい自然に恵まれた北木島で仲間と協力してペットボトルロケットを飛ばしたり、筏レースなどの活動をする中で絆はますます深まります。北木島の学校との交流会も魅力の一つです。

ウィンターキャンプについて

キラキラと粉雪が舞う中で、皆と一緒に滑ったスキーは、最高の思い出です。クロスカントリーやバッジテストにも挑戦でき、とても充実したキャンプでした。

平和学習について 

「日本は平和だ」誰もがそう思っています。しかし、実際に目で見て、耳で聞いて、心で感じることで、様々な思いが錯綜し、平和について自分の考えを持つようになりました。本当の平和とは…。

首都探訪について

現在の『都』を肌身で感じとり、『社会』とは何かを体感しました。企業見学は自分の将来への理念に大きく前進をもたらし、「to be myself, …」の「…(その後)」を探訪した研修でした。

アジア研修旅行について

アジア研修旅行では、多くの国を巡る中で、団体行動や挨拶など学校生活で学んだことが無駄ではないと再確認できました。現地の文化や英語に触れて、その後の学習につなげられました。

アメリカ研修旅行について

世界の中心での最新テクノロジーを見聞することで、日本とのスケールの違いを実感し、幅広い知識を得ることができました。現地の学校交流では自分の英語に自信が持て、その後の学習へのやる気につながりました。

ヨーロッパ研修旅行について

世界一周研修を終え、過去・現在・未来のつながりに思いを馳せ、現在を生きる私はこの経験を結論とするのではなく、自分の歴史観を形成する必要性を感じました。

運動部について

この学校では部活動の種類も多く、自分に合った部活動が見つかると思います。最初は、勉強との両立などが大変ですが、練習や試合を通して仲間との絆や部活の楽しさを実感できます。私は、中学バスケットボール部に所属していますが、先輩と後輩の仲も良くとても楽しいです。

文化部について

私は理科研究部に所属し、先輩や後輩とも意見を交わして1つのテーマについて研究しています。学年を越え様々な意見に触れられるこの部活は、私にとって理科的な視野を広げられる大切な場所です。

学校行事について

須磨学園にはさまざまなイベントがあり、どのイベントでも自分が輝けるチャンスがあります。僕の場合は、レシテーションコンテストで本選に出場し、自分に自信を持つことができました。

文化祭について

部活やクラスで発表、売店、企画をしたり、中2~高1で個人研究をしたりと、様々な人が楽しめるものとなっています。私は合唱部での歌声喫茶がとても楽しかったと印象に残っています。

体育祭について

全校生徒を6つのチームに分け各チームが学年を越えて盛り上がるところが魅力的です。また、須磨学園の体育祭は生徒主体の体育祭であり、応援パネルの製作や応援団はすべて生徒が行います。