活動レポート

県高校総体および近畿高校総体結果

【県高校総体】

5月26日~28日にユニバー記念陸上競技場において県高校総体が実施されました。

【1日目】 実施種目:1500m予選(3組4着+3) 1500m決勝  3000msc予選(3組4着+3)

1500m予選には3年生の井上大輝、2年生の三宅友哉が出場しました。

三宅が1組3着、井上が2組2着となり、午後の決勝に進出しました。

午後に行われた決勝ではスタートで出遅れたものの、みごとな追い上げを見せた井上が3位入賞を果たし、

近畿大会出場権を獲得しました。

3000msc予選には3年生の進藤魁人、3年生の鶴﨑駿斗、3年生の坂元祐喜が出場しました。

進藤は1組5着となり、決勝進出を果たすことはできませんでしたが、鶴﨑が2組6着、坂元が3組2着

となり、翌日の決勝に進出しました。

 

【2日目】 実施種目:3000msc決勝  800m予選(6組2着+4)

3000msc決勝では3年の坂元が前半よりレースを引っ張る積極性を見せましたが、

2000m手前より順位を下げ、一時は9位前後を走るという厳しい状況に追い込まれました。

しかし、ラスト1周から前を追い上げ、最後は5位入賞を果たして近畿大会出場権を獲得しました。

800m予選には3年の木村翔太、2年の松嶋陸が出場しました。

木村が2組1着、松嶋が4組2着となり、翌日の準決勝に進出しました。

 

【写真・800m予選4組】神鉄バス横山さんよりいただきました。ありがとうございました。

IMG_3456 (2)

 

【3日目】 実施種目 800m準決勝(2組3着+2) 800m決勝 5000m決勝

800m準決勝では木村が2組1着となり、決勝進出を果たしました。決勝でもその勢いを維持し、

ラスト200mからの勝負においてうまく集団から抜け出し、ラスト100mは先行する選手をあとわずかの

ところまで追い込むことができました。結果2位入賞を果たし、近畿大会出場権を獲得しました。

5000m決勝では3年の大西理久・2年の目片将大、そして1500mに引き続き2種目目の出場となる3年の井上

が出場しました。思うような展開に持ち込むことはできませんでしたが、粘りを見せた井上が5位入賞を

果たし、近畿大会出場権を獲得しました。

 

【写真・800m決勝】神鉄バス横山さんより頂きました。ありがとうございました。

IMG_4679

 

 

【近畿高校総体】

6月15日~18日に京都・西京極陸上競技場において近畿高校総体が行われました。

3年の井上・3年の坂元・3年の木村がそれぞれ1500mと5000m、3000msc、800mに出場しました。

 

【1500m】井上大輝 5位・全国大会出場権獲得

優勝タイムが今季日本高校ランキング1位をマークするなど、ハイレベルなレースが展開されました。

冷静にレースを進めた井上は、ラスト1周から徐々に順位を上げ、最後は4位と僅差の5位に

入賞しました。5000mでは思うようなレースができず、涙をのみましたが、1500mでは現在

日本高校ランキング上位に位置する力を存分に発揮し、上位入賞を目指したいと思います。

 

【3000msc】坂元祐喜 優勝・全国大会出場権獲得

今季から始めた3000mscにまだまだなれない状況であった坂元でしたが、スムーズなハードリング

を見せて見事優勝を勝ち取ることができました。更に成長する余地を十分に残しており、全国大会

では上位入賞を目指したいと思います。

 

【3000msc表彰式時の電光掲示板】本校陶山先生よりいただきました。優勝者の名前が表示されました。

iPhone Image 6B234B

 

【800m】木村翔太 3位 全国大会出場権獲得

予選から好調をキープし、見事ラスト勝負で3位に入賞することができました。ラスト100mで前の選手と

接触しそうになり、減速を強いられましたが今の木村はそれを冷静に対処することができる力がありました。

全国大会までに更にスピードに磨きをかけ、上位入賞を目指したいと思います。

 

多くのご声援のおかげで3名の選手が全国大会に出場することができました。全国大会でも

チーム一丸となって頑張りたいと思います。これからもご声援の程よろしくお願いいたします。

 

 

 

IH結果 

5月末より6月18日までの期間、県高校総体および近畿高校総体が実施されました。

 

詳細については写真を含め、後日アップしたいと思いますが、ひとまず結果を速報

 

したいと思います。

 

県高校総体

800m 2位 木村翔太(3年) 1500m 3位 井上大輝(3年)

5000m 5位 井上大輝(3年) 3000msc 5位 坂元祐喜(3年)

以上のメンバーが6月15日~18日まで行われました近畿高校総体に出場しました。

 

近畿高校総体

800m 3位 木村翔太(3年) 1500m 5位 井上大輝(3年) 3000msc 優勝 坂元祐喜(3年)

以上のメンバーが7月29日より山形県天童市で行われる全国高校総体への出場権を獲得いたしました。

各地区の予選結果等を見る限り、3名全員がそれぞれの種目においてランキング上位に位置しており、

十分に入賞が可能だと考えます。

今後も努力を積み重ねていきたいと思いますのでご声援の程よろしくお願いいたします。

 

4月・5月の主な結果

4月に入り、トラックシーズンがスタートしました。

IH、そしてその先の駅伝に向けてチーム一丸となって頑張りたいと思います。

 

IH以外の大会結果について、主な結果を報告します。

これからもご声援の程よろしくお願いいたします。

なお、兵庫県内の結果につきましては兵庫陸上競技協会ホームページにおいて

詳しく紹介されていますのでご参考にしていただければと思います。

兵庫陸上競技協会 ホームページ  http://www.haaa.jp/

 

4月23日 兵庫リレーカーニバル(ユニバー記念競技場)

高校男子4×400m リレー 準決勝進出

※オーダー:韓莅勲 藤原悠帆 清水日向光 橋本歩

高校男子 5000m

2位 井上大輝(3年) 4位 大西理久(3年) 6位 坪田開龍(2年)

 

4月29日 織田記念陸上(広島県・エディオンスタジアム)

西日本男子 5000m

優勝 井上大輝(3年)

 

4月29日 神戸市民大会(ユニバー記念競技場)

一般高校男子 800m

優勝 藤原悠帆(2年) 2位 木村翔太(3年)

一般高校男子 1500m

7位 川端拳史(1年)

一般高校男子 5000m

6位 橋本大輝(3年)

 

5月3日 兵庫県郡市区対抗陸上競技選手権大会(ユニバー記念競技場)

一般高校男子 5000m

3位 岸本健太郎(1年) 7位 川端拳史(1年)

 

IH 神戸地区予選 結果

5月13日14日におこなわれましたIH神戸地区予選会において、

下記のメンバーが県大会に出場することが決まりました。

引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

800m

木村翔太(3年)松嶋陸(2年)

1500m

井上大輝(3年)三宅友哉(2年)

5000m

井上大輝(3年)大西理久(3年)目片将大(2年)

3000msc

坂元祐喜(3年)進藤魁人(3年)鶴﨑駿斗(3年)

4×100mリレー

韓莅勲(3年)溝田航希(3年)樹岡明良(2年)

竹重怜(1年)藤崎慎一(1年)岡部凌直(1年)

4×400mリレー

橋本歩(3年)韓莅勲(3年)辻川尚澄(3年)

小西團聖(2年)橋本凌(2年)清水日向光(1年)

※リレーはリレー登録者から2名、その他2名はリレー登録者およびプログラム記載者から2名で編成されます。

 

神戸地区予選会より

(神鉄バス運転手 横山さんより写真を頂きました。いつもありがとうございます。)
IMG_1315     IMG_2020

 

IMG_1728      IMG_1703

 

大会 今後の予定

4月22日~23日

兵庫リレーカーニバル

出場種目:男子4×400mリレー 高校男子5000m

 

4月29日

織田記念陸上

出場種目:西日本ジュニア男子5000m

 

4月29日

神戸市民大会

 

5月3日

兵庫県郡市区対抗陸上競技選手権

出場種目:一般高校男子5000m

 

いよいよトラックシーズンが始まりました。

インターハイにつながるレースを目指し、全力をつくしたいと思います。

ご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

大会結果

10月

県高校駅伝神戸地区予選会

優勝(12年連続12回目) 2時間7分32秒 大会新記録

1区から先頭に立ち、そのまま1度も先頭を譲ることなくゴールすることができました。

また、昨年に引き続き全区間区間1位を獲得することができました。

ご声援ありがとうございました。

 

11月

県高校駅伝

2位 2時間06分38秒

1区で約20秒のビハインドを抱えましたが、ひたむきに前を追いかけ、6区では先頭に並びかけることができました。

最後はアンカー勝負に敗れましたが、来年に向けて3年生から受け継いだ襷をこれからも繋いでいきたいと思います。

ご声援ありがとうございました。

 

近畿高校駅伝

優勝 2時間06分15秒

結果は2位に2分の差をつけ、4回目の優勝を獲得することができました。

1区・2区と2年生が流れを作り、3区以降は3年生を中心に5区間連続の区間1位という快走で後続を引き離すことができました。

近畿大会で優勝できたことを誇りに、来年は更なる飛躍を目指して頑張りたいと思います。

ご声援ありがとうございました。これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

2016年度 夏季大会結果

兵庫県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会

8月20日~22日 ユニバー記念陸上競技場

1年800m 1位 藤原悠帆 8位 松嶋陸

2年800m 4位 木村翔太

1年1500m 1位 藤原悠帆 2位 三宅友哉

2年1500m 3位 井上大輝 4位 坂元祐喜

1年5000m 1位 坪田開龍

2年5000m 2位 井上大輝 4位 大西理久

1年3000sc 3位 山中太陽 4位 藤原太一

2年3000sc 8位 進藤魁人

2年走幅跳 4位 溝田航希

男子総合4位 1年の部 3位

 

上記結果より、3位以内に入賞しました5名(のべ7名)は、9月に京都で行われます近畿ユース大会への出場権を獲得いたしました。

ご声援ありがとうございました。

大会の結果および今後の予定

2015年度の競技日程も間もなく終了し、いよいよ新年度大会が幕開けいたします。

昨年末の全国高校駅伝では12位と、大変悔しい結果となりましたが、現在新チームは3年連続の全国高校駅伝出場、そして3度目の上位入賞に向けて日々トレーニングに励んでいます。

全国高校駅伝をはじめ、その後実施された大会結果を掲載いたします。また、今後出場予定の大会もあわせて掲載いたします。

今後ともあたたかいご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

【全国高校駅伝結果】

2時間05分16秒 第12位

西川―坂元―酒井―岩見―野間―井上―矢野

【その他の大会結果】

日本選手権クロスカントリー(福岡県)

ジュニア男子8000m 2位 酒井耀史(K2) 6位 西川雄一朗(K3)

 

【今後の予定】

3月20日   春の高校伊那駅伝(長野県伊那市)

4月9~10日   兵庫春季記録会(ユニバ―記念競技場)

4月16日   県高校地区別記録会(ユニバ―記念競技場)

4月23~24日  兵庫リレーカーニバル(ユニバ―記念競技場)

 

 

 

 

 

全国高校駅伝まであと3週間を切りました。

12月20日に全国高校駅伝が京都・西京極陸上競技場発着で行われます。

昨年に続き2年連続の参加となりますが、出場できることに感謝し、精いっぱい都大路を駆け抜けたいと思います。

 

全国大会までの大会結果

10月 神戸地区予選会 優勝(全区間区間賞)

11月 兵庫県高等学校駅伝競走大会 優勝 (3回目の優勝)

近畿高等学校駅伝競走大会  準優勝

 

県大会優勝により、兵庫県代表としての参加が決定いたしました。

 

これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

陸上競技部 活動報告

今年度の主な活動結果について報告いたします。

 

<個人>

1)全国大会

全国高校総体 5000m 堀尾謙介 決勝進出   西川雄一朗 予選落

全国高校選抜 10000m 堀尾謙介 4位入賞

2)近畿大会

高校総体近畿地区予選会 5000m 堀尾謙介・西川雄一朗 入賞(全国出場権獲得)

 

<駅伝>

1)県大会  2位(堀尾・小林・岩見・福田・山本・賀集・酒井) 近畿出場権獲得

2)近畿大会 優勝(堀尾・酒井・福田・岩見・山本・賀集・小林) 全国出場権獲得

3)全国大会 12位(堀尾・酒井・岩見・福田・山本・賀集・小林) 近畿勢最上位

 

2014年度も多くの方々からご声援いただきました。おかげさまで4年ぶり3回目の全国高校駅伝出場も達成することができました。

全国大会では陸上王国兵庫の名にふさわしい結果を収めることはできなかったと思います。しかしながら皆様のご声援のおかげで今持てる力を精いっぱい出すことができたと考えます。

今日から再スタートを切り、更なる飛躍を目指して頑張りたいと思います。

 

これからもあたたかいご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

<今後の予定>

・1月

播磨町ロードレース
全国都道府県対抗男子駅伝(広島) ※福田兼士(3年)

・2月

郡市区対校駅伝(加古川河川敷)
西脇多可駅伝(西脇市)
千葉国際クロスカントリー(千葉昭和の森)
福岡国際クロスカントリー(福岡海の中道)

・3月

春の高校伊那駅伝(長野県伊那市)
みっきぃマラソン(三木市防災公園)

活動報告

お知らせ