活動レポート

3年生の分まで

IMG_1706 (4)IMG_1651 (4)IMG_1555 (4)IMG_9398 (2)  2回戦 須磨学園 10-0 神戸甲北
3回戦 須磨学園 2-1 伊丹北
4回戦 須磨学園 1-2  社

今大会を通じて、試合での「1点の重み」と「1球の怖さ」を学びました。練習における一つのプレーに対する甘さ、技術力と精神力の未熟さを深く感じました。
3年生の悔しい思いを胸に、野球の練習でも勉強でも、妥協することなく自分たちに厳しく努力を積み重ねていきたいと思います。
また、暑い中、多くのご声援を頂いたことに心より感謝いたします。

新チームでは、8月19日から行われる秋季地区大会・県大会を勝ち抜き、近畿大会出場を狙います。春のセンバツに向け、「須磨学旋風」を巻き起こします。                        広報マネージャー

悔しさを力に変えて

IMG_3940 (2)IMG_3742 (2)IMG_7632 (4)IMG_8730 (4) 4月20日、明石トーカロ球場におきまして、春季県大会が行われ、社高校と対戦しました。初回に相手投手の立ち上がりを攻め、2点を先制しましたが、ヒットを連打され守備のピンチを凌ぐことができませんでした。

社      003 040 100 =8
須磨学園  200 000 000 =2

チャンスで積極性と勝負強さ、速球に対する打力のなさを痛感する試合で、まだまだ練習に緊張感を持たせ、厳しさを追求していかなければならないと感じました。

地区予選(神戸Cブロック)の結果
1回戦 須磨学園  14-1 東灘
2回戦 須磨学園  4-3 六甲アイランド
3回戦 須磨学園  2-10 滝川第二

7月5日からの夏の大会まで、あと2ヶ月の練習をどの様に取り組み、練習試合をどう戦うか。部員のひとり一人が「チーム」のことを思い、戦いに立ち向かっていく気持ちを今一度、見直していくことが大切です。

23名の新入部員を迎え、全体で73名が一つにまとまり、「全力発声・全力疾走」の原点に戻り、強いチームへと成長していけるよう努力しています。
広報マネージャー

体を強く 心も強く

IMG_4571 (4) IMG_4769 (3) IMG_4011 (3) IMG_3887 (3)

 

いよいよ長い冬期トレーニングも、折り返し地点を過ぎました。

12月からは試合ができないため、基本に立ち返り「走る」「振る」「捕球する」を重視し、トレーニングで「体を大きくする」ことを目標にしてきました。

その成果が少しずつ見え始め、スピードとパワーを試合で発揮するのが楽しみです。

3月16日の練習試合初戦、さらに3月下旬の春季神戸地区予選に向け、体を鍛え抜いて精神的な粘りのあるチームを目指しています。     広報マネージャー

 

来シーズンに向けて

第20回 阪神間私立高等学校野球交流大会
1戦目 須磨学園 7-8   灘 
2戦目 須磨学園 8-0 仁川学院
3戦目 須磨学園 8-0 甲陽学院

11月3週に渡って行われた試合の結果です。多くの選手が出場し、それぞれが課題を見つけることができました。最後の試合では、いい形で今シーズンを締めくくることができました。今後はオフシーズンに入りますが、気を抜くことなく、さらなる成長を目指し練習に励みます。
部員一同、甲子園に向けて、精一杯がんばります。         広報マネージャー

強いチームになるために

今回の秋季県大会では、チームにとって最高の「ベスト8」まで、勝ち進むことができました。準々決勝の市川高校戦では、夏の大会において4-8で敗退した悔しさが支えとなり、粘り強く戦いましたが、延長12回の末、力及びませんでした。
この冬に厳しい練習を乗り越えて、春そして夏に向け「思い切りのいい積極的なプレー」
「野球を深く考える力強いチーム」を目指します。熱い応援をありがとうございました。  広報マネージャー

 

平成25年度 秋季兵庫県高等学校野球大会
1回戦 須磨学園 4-3 県立大附属
2回戦 須磨学園 4-1 武庫荘総合
3回戦 須磨学園 4-2 明 石
4回戦 須磨学園 1-2 市 川(延長12回)

IMG_4507 (2)IMG_9424 (3)

IMG_1044 (2)IMG_1104 (2)

IMG_1120 (2)IMG_1733 (2)

秋の地区大会から県大会へ

平成25年度 秋季高校野球 神戸地区Cブロックの結果

1回戦 須磨学園 9-0 滝 川
2回戦 須磨学園    2-1 神戸弘陵
ブロック
決勝  須磨学園 0-9 神戸国際大附属
(第二代表として、県大会に進みます)

8月22日、代表決定を賭けた神戸弘陵との試合は、緊迫した接戦になりました。相手打線の攻撃を食い止め、1・2回で先制した2点を守りきることができました。
決勝では、速球や変化球への対応、守備力の強化や走塁のレベルアップをしていかなければならないことを強く感じました。

たくさんの応援、ありがとうございました。9月7日から56チームで争われる県大会に向けて、チーム一丸となって懸命に頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

広報マネージャー

諦めない心

第95回 全国高等学校野球選手権記念 兵庫大会の結果
1回戦 須磨学園 10-0 西宮北
2回戦 須磨学園 4-8 市 川

10名の3年生部員と二人のマネージャーの先輩方からは、たくさんのことを学びました。
野球の技術的なことや考え方、文武両道をしていくための時間の使い方、悩みの乗り越え方まで、丁寧に教えてくれました。
さらに、最後の試合では、5回に0‐4から2‐4の2点差へ、終盤も2‐8から4‐8へと素晴らしい粘りを見せてくれました。その諦めない気持ちは、私たちの財産となりました。今まで、本当にありがとうございました。

また、暑い中、多くの皆さまにご声援を頂いたことを心より感謝します。
新チームでは、8月18日から行われる秋季神戸地区大会を勝ち抜き、県大会そして近畿大会出場を狙います。春のセンバツに向け、「粘りの須磨学」から「逆転の須磨学」へ。

夏の対戦校決まる

いよいよ最後の夏の大会が、7月6日(土)に開幕し、162校が「甲子園」を目指した熱戦が始まります。
小学生で野球を始めた頃からの「夢」に向かって、多くの先生方や野球指導者、家族、そして支えてくれた方々に感謝の気持ちを込めて、全力で戦います。
スタンドとベンチとフィールドが一体となり、「For the TEAM」=すべてはチームのために一人一人が懸命に役割を果たしていきたいと思います。

第95回 全国高等学校野球選手権記念 兵庫大会
  1回戦 7月11日(木) 対 西宮北 ( 12:30 淡路佐野球場 )  
  2回戦 7月15日(月) 対 市 川 ( 14:00 ほっともっとフィールド神戸 )  
  3回戦 7月18日(木) 対 飾磨/県西宮 ( 12:30 神戸総合運動公園サブ球場 )  
  4回戦 7月21日(日) 対 西脇工 ( 14:00 明石球場 )       ※その後は再抽選

5 / 512345

活動報告

お知らせ