SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

先輩たちの声・生徒たちの声

先輩たちの声

環境が整っており、主体的に学習できるいい環境でした。

須磨学園では幅広く学習環境が提供されていたので、自分の望む学習スタイルを作ることができたのが成績を伸ばすことができた大きな鍵だったと思います。特に、放課後に開かれている講座を活用することで、志望校に向けて自分の足りていない部分を補ったり、発展的な内容を学習したりできました。また部活と講座の両立を考えることで時間の有効活用を考えるいいきっかけになりました。

8期生 男子 (京都大学 医学部医学科)

部活に、行事に、勉強に

私はダンス部という場所で、そして文化祭・体育祭・研修旅行などの行事で、勉強だけでは得られないことを沢山学びました。仲間と泣き、笑い、時には喧嘩をする中で自らを見つめ、仲間と協力する難しさ、大切さを肌で感じました。皆さんも、これからのかけがえのない一瞬の6年間を、部活に、行事に、勉強に、全てに全力投球して楽しんでほしいな、と思います。

7期生 女子 (東京大学 文科一類)

須磨学園に入ったことは、人生で一番良い選択だ!

須磨学園に入って良かったと、今、心からそう思えます。その大きな理由は2つ。1つ目は豊富な研修旅行です。あらゆる国や、国内の地域を訪れる経験は、非常に有意義で、必ず将来に活きるものです。そして2つ目は、大学受験のサポートの手厚さです。各科目の素晴らしい先生方が、ここまで親身に手助けしてくださる学校は、他にはありません!須磨学園に入学したおかげで、今の自分がいます!

7期生 男子 (京都大学 工学部建築学科)

一人ひとりの希望を叶えてくれる素敵な学校です。

部活や海外研修を存分に楽しみ、文化祭や体育祭も友達との絆を深め、忙しくも充実した高校生活を送りました。一方で、勉強の面では先生方がきめ細かい指導をしてくださり、PMTMといった須磨学園ならではのツールで目標達成への効率的な時間の使い方を学ぶことで、志望校に合格できる実力がつきました。将来は海外で活躍する研究医になりたいと思います。

6期生 女子 (京都大学 医学部医学科)
生徒たちの声

サマーキャンプについて

廃校となった小学校での宿泊や北木島の石を使った字彫りの石版制作等をしました。島の夏祭りや学校交流では現地の方々と話す機会も多く、心の触れ合いを多く感じたキャンプでした。

男子

ウィンターキャンプについて

3日間にわたり、インストラクターの方が丁寧に指導してくださいました。研修の最後にあるバッジテストに合格する事を目標に頑張りました。クロスカントリーにも挑戦し、みんなで楽しく完走することができました。

女子

平和学習について

長崎の青く澄んだ空の下には、想像もつかない程の悲しい歴史が刻まれていました。世界で唯一の被爆国、日本。平和学習を通して私達は原爆の恐ろしさを世界に発信し続けていかなくてはいけないと強く感じました。

女子

首都探訪について

古都研修では、飛鳥・奈良・京都へ行き、日本の昔の文化を班の仲間達と様々な場所を訪問することによって肌で感じることができました。東京研修旅行では、日本の現在の首都の歴史を学びました。

男子

アジア研修旅行について

短い期間で様々な国を訪れるので、それぞれの国の気候や文化などをしっかりと感じることができます。プレゼン発表では海外の方に日本や学校を紹介するという貴重な体験をすることができました。

男子

アメリカ研修旅行について

NASAでの宇宙飛行士の方のお話や、ボーイング社での飛行機の組み立て工場の見学など、普段ならできない貴重な体験をすることができました。また、学校交流では、アジアに続けて2回目だということもあり、前回よりも皆、余裕を持って英語を話せていたと思います。

女子

ヨーロッパ研修旅行について

学校交流で現地の生徒と触れあうことで、自信の語学力を高めたいと思いました。また、日本とは違う歴史をもつ街を散策することによって、日本と外国を相対的にみて、外国の文化を理解することができるようになりました。

男子

授業について

授業は楽しく、集中して受けることができます。難しい所や分からない所があるときは、先生に質問すれば、丁寧に答えていただけます。授業の最後には確認テストが行われるので、授業内容の復習に役立っています。

女子

制携帯について

制携帯のおかげで、将来誰しもが持つであろう携帯電話の正しい使い方を身につけることができます。また、メール機能により学校の連絡を部活の先輩や先生と円滑に簡単に行うことができます。とても便利です。

男子

特別講座について

得意教科を更にレベルアップしたい、苦手教科を克服したいなど、自分の目的とレベルに合った講座が選択できます。授業と特別講座を組み合わせることで学習面での不安はありません。開講日も工夫されているので部活と両立できています。

女子

個別指導について

授業で理解できなかったところや課題の疑問点などを先生方に質問することができます。1対1で質問することができるため、先生が分かりやすく、深く教えて下さり、知識を着実に定着させることができます。

男子

運動部について

須磨学園中学校では学習だけでなく、部活動も盛んに行われています。僕が所属している中学サッカー部は、週3日、練習を行っています。運動部は環境も充実していて、楽しく取り組めます。

男子

文化部について

私は茶道部に入っています。週に一度、作法を学んだり、おいしいお菓子を食べたりして活動しています。文化祭や学校交流など、練習の成果を出せる場が多いことが魅力です。

女子

チャリティコンサートについて

生徒会の活動の一つにチャリティコンサートがあります。ハンドベル部のコンサートに同行し、募金活動を行います。この活動を通じて、社会貢献や助け合いの大切さを学ぶことができました。

男子

文化祭について

私はハンドベル部に所属しています。文化祭ではステージ発表を行います。全員の息がぴったり合うまで練習を重ね、本番で、多くの方々の前で最高の演奏ができたときには何にも変え難い達成感を得ることができます。

女子