活動レポート

須磨学園のきぼうの星!「かたつむる」

私は広報委員を何度か務めているが、広報の先生から記事の書き方の説明を受ける時、いつも言われることがある。それは、「記事にマスコットキャラクターを使ってもいいよ」という言葉だ。何を隠そう、広報委員には、愛らしい三匹のマスコットキャラクターが存在するのだ。

S2-2

この三匹はそれぞれ「LCT」をテーマにして描かれており、(ただのひよこのピヨ吉以外)身体がL、C、Tの要素を含んでいる。このキャラクターが誰の手によってどのようにいつ生み出されたのかは不明であるが、三匹はとても可愛らしい。それは事実である。だが、時代は令和だ。そろそろLCT委員も、心機一転別のキャラクターを起用してもいいのではないだろうか。そこで我々S2-2の広報推進委員は昼休みに空想と妄想…否、試行錯誤を重ね、ついに一つのキャラクターを生み出した。

このかたつむりの名前は、「かたつむる」である。
S2-2_2
正直名前は適当であるが、「ピヨ吉」「まめむし」に並ぶネーミングセンスであろう。胴体の形をL、背負っている殻の模様をC、角の形をTとしてデザインした。バリエーション豊かな表情に加え、殻は須磨学園をモチーフとした青と水色で彩られ、LCT委員の要素を含めたデザイン。極めつけに、「かたつむる」という愛らしい名前。時代が平成から令和になった今こそ、広報委員はキャラクターを刷新し、この「かたつむる」を売り出していくべきではないだろうか。

2021年度 S2-2 広報推進委員

須磨学園生の防寒事情

冬休みも明けて寒さが本格的になりました。
今年は例年より寒く須磨学園でも雪が降っています。

さて、須磨学園生のリアルな防寒対策は……?

アンケートを取ったところ、もっとも皆が身に着けているのは……カイロ!

しかし、「一番効果があると思うのは?」という質問では、マフラーが最高票を獲得。
たしかに、下校の時間が特に寒いので、マフラーは必須アイテムですね!

S1-3-1
アンケート結果の詳細

S1-3-2
マフラーを着用している須磨学園生

S1-3 広報推進委員

もうすぐ高校入試!

2月10日の高校入試まで残り2週間となりました。昨年入試を経験した私たちK1生とJ1生は特に、入試直前期の緊張感をよく覚えているのではないでしょうか。

自分があの頃目指していた場所でこうしてたくさんの友達と過ごせていることが本当に幸せなことだと、1年が経とうとしている今改めて思います。

受験生の皆さんも受験が間近で大変な時期ではあると思いますが、自分にできることを精一杯やって自信を持って挑んでください。

須磨学園で待っています!!

K1-9

K1-9 広報推進委員

中学入試

1月15日から16日にかけて、須磨学園の中学入試が行われました。雪が降ることがなくてよかったです。
今年の受験生はコロナウイルスのこともあり、大変な思いをしてきたかと思います。そんな厳しい状況のなかでも頑張って受験してくださった人たちと春に会えるのが楽しみです。
J2-4-1

J2-4-2
J2-4 広報推進委員

S2/K1学年レシテーションコンテスト

S2/K1(高1)学年レシテーションコンテスト本選が12月24日に開催されました。
クラスごとの予選を勝ち抜いてきた代表者14人が競い合いました。
S2-1_1

参加者以外の視聴は自クラスでのZoom視聴にて行われました。
スピーチにおいて、抑揚をつけたり、ジェスチャーを用いたりすることなど、より人にわかりやすく伝えるためのテクニックを学ぶことが出来ました。
S2-1_2

S2-1 広報推進委員

新学期が始まりました!

書初め等学校行事を経て、1月15日、16日には中学入試がおこなわれました。
どんな人たちが学校に入学してくるのか、とても楽しみです!
私たちJ1も、いい先輩になれるよう、しっかり準備をして待っています!

J1-4
J1での書初めの様子です!

その裏側では、J1生は大量の宿題に手こずりながら……新年早々控える模試に向けて準備を進めています。
また、1月末にはJ1のウィンターキャンプの予定が控えています。予定通り、ウィンターキャンプが開催されることを願い、私たちは準備を進めています。
まだまだコロナ禍で、マスクが手放せないご時世ですが、今年1年充実した年にしていきたいです!

J1-4 広報推進委員

書初め

1月6日、新年初の登校日に書き初めが実施されました。
TBM、xyzT、PQRSシートを通して決めた2022年のテーマ、目標などを書き初めとして表しました。
皆それぞれ自分の想いを様々に表現しており、中にはとてもユーモア溢れる作品もありました。
各クラス優秀な作品には金賞、銀賞、銅賞が送られ、特別賞として理事長賞なども送られました。
これを機に、後悔のない1年になるよう精進していきます。
IMG_1273
K1-7 広報推進委員

2学期を振り返って

2学期は、体育祭や、古都研修、中間・期末考査、高1レシテーションコンテスト(英語のスピーキングコンテスト)など様々な行事が多くあり、忙しくも充実した学期でした。

体育祭、古都研修では、クラス単位での活動が多く、クラスで考え、クラスで行動するようになり、より一層クラスの仲が深まり、距離が縮まりました。
それに加え、同じ学年の他のクラスとの交流も増え学年全体の雰囲気も良くなっています。

また、中間・期末考査、高1レシテーションコンテストでは、学習意欲の向上につながったと感じます。特にレシテーションコンテストは全員がクラスメイトの前で発表することもあり、暗記や、話し方の練習などに取り組んでいました。

2学期の様々な行事が終わりもう3学期です。3学期には行事がたくさんあるというわけではありませんが、2年生になる準備期間、0学期です。2学期の経験を踏まえ、勉強や部活に積極的に取り組んでいきます。
LCTざる1

K1-2 広報推進委員

調理実習

S1学年では、冬期特別授業の間に調理実習を行いました。なかなかこのご時世、実習を行うことは難しかったのですが、久しぶりに調理実習ができるということで、生徒は大変待ち遠しく思っていました。
今回の調理実習では、もうすぐクリスマスということもあり、それにちなんだピラフ、チキンカチャトーラ、ガトーショコラを作りました。
器具や手指の消毒など感染症対策をばっちりと行って、実習に臨みました。

11

いざ実習が始まると、普段から家のお手伝いをよくしている人が多く、テキパキと作業が進みました。手が空いている人は使った調理器具を洗ったり盛り付け用のお皿を準備したりと班で協力して効率的にできました。
完成が近づく頃には、家庭科室は美味しそうな匂いに包まれました。きれいにお皿に盛り付けたらいよいよ完成です!

2

皆で楽しく食べたいところですが、ここは黙食で我慢。しかし、自分たちで作った料理はやはり美味しいですね。自然と笑みがこぼれます。
お腹が満たされたら、しっかりと片付けまで行い、実習の記録を書きました。
そして、料理の一部は先生方におすそ分けです。

3

先生方も嬉しそうです。
久しぶりに皆で調理実習を行うことができて、楽しい時間を過ごせました。またこのような機会があれば他の様々な料理にも挑戦してみたいです!

S1-4 広報推進委員

実用「書道」

K2(高2)学年で、書道(小筆)の授業をしていただきました。
これから社会に出た際に多くの人が経験するであろう、のし袋の宛名の書き方です。
慶事と弔事では包み方や水引の結び方、墨の濃さが違うというお話しに始まり、草書の際の筆の運び方など、とても実践的な内容でした。
1

自分の名前をどうすればバランス良く書けるか、また左利きの人が筆を持つときのコツなど、丁寧に教えていただきました。
2

3

今後、家庭でのし袋を使用する際には、ぜひ実践してもらいましょう!

K2学年教員