活動レポート

OB戦 3月27日

001

3月27日OB戦を行いました。 初めにOBチームVS現役チームの団体戦を行いました。 結果は6対3でOBチームの勝利でした。

006010012013014015017034037084

次に須磨カップ(ダブルスのトーナメントを行いました。 優勝は渕先輩と大岩根先輩でした。

126

準優勝は福田先輩と滝澤先輩でした。

089090

 

 

試合後のミーティングでは勉強方法やテニスの上達法など、これから大事になることをたくさん知ることができ、とてもいい経験になったと思います。

127

最後にOBの方々とテニスさせてもらうことで、よりレベルの高い大学生のプレーを見て学び、目標として、 吸収することができたと思います。

本当にありがとうございました。

 

テニス部広報委員

テニス卒業式

IMG_3262

3月1日卒業式が行われました。

テニス部も10名が卒業しました。卒業生は、部活動では自分たちで練習メニューを考えたりするなど、積極的に自分たちでチームを強くしようとする学年でした。単に「やらされる」練習ではなく、自ら主体的に考えて行動するチームづくりは後輩に受け継がれ、2部昇格の礎を築いたと思います。

学業では大阪大学2名や名古屋大学、広島大学、上智大学、青山学院大学、同志社大学などに合格し、部活動と学業とを両立させました。文武両道のクラブとして、後輩たちにバトンを引き継いでくれたと思います。今後のご活躍を期待しています。

テニス部顧問    田村 忠

 

神戸丹有地区 2部リーグ 秋季団体戦結果

2年生にとっては最後となる秋季リーグ戦が11月16日六甲高校で行われました。

この日のために夏以降、練習を重ねてきました。
1試合目は、優勝候補の滝川高校との対戦でした。

滝川のシングルス1は毎回個人戦でも本戦にいくような手ごわい相手でした。

しかし、池田は冷静にプレーを続け、リードを奪うと応援の力も味方にしつつ、

そのまま勝利を挙げました。
GRL_0006GRL_0003

個人戦では勝てないような選手にでも、みんなの力を合わせれば勝てることもあると示してくれました。
ダブルス1の渕と満仲は、ともに高校からテニスを始めましたが、これも格上の選手相手に、

ひけをとらないプレーを見せてくれました。ミスのない堅実なプレーは、毎朝早
朝練習に参加しつづけた賜物だと思います。
GRL_0007 GRL_0004

ダブルス1も6-3で勝ち、あと1勝で優勝に近づくという展開になりました。
シングルス2の森田は、これも本戦に出場するような選手相手に、

互角に勝負を展開していきました。4-4までいきましたが、力及ばず4-6で敗れました。
GRL_0000GRL_0005

ダブルス2の大西・田中ペアは、今まで公式団体戦では負けなしの切り札でした。

しかし、応援している自分たちでさえ、浮足立ってしまうような緊張感の中で、身体が思
うように動きませんでした。相手も強かったけれど、それ以上に重圧から自分たちのプレーが

できなかったことが何よりも悔しかったと思います。
GRL_0009 GRL_0002

ダブルス2も敗れ、勝敗は最終のシングルス3の永井に託されました。

しかし、永井も緊張からか自分からミスしてしまう展開になり、本来の力を出し切れないまま敗れてし
まいました。
GRL_0008

結果、滝川高校には2-3で敗れました。
次の対戦校は、神戸高校でした。滝川戦で総力を出し切ったためか、

集中力に欠くプレーが目立ち、あっさり1-4で敗れました。
最後は六甲高校との対戦でした。過去に一度も勝てなかった相手です。

しかし、ここで敗れると3部との入れ替え戦になってしまうので、負けられない試合でした。もう一
度、選手たちは集中力を高め、全員で精一杯応援し、3-2で勝つことができました。
試合後、2年生が一言ずつ後輩に思いを伝えていきました。1年生が2年生の思いを受け継いで、

来年は2部で優勝し、1部に上がっていけるようなチームになりたいと思
います。応援に来ていただいた保護者の方々も本当にありがとうございました。
以上

神戸丹有地区リーグ2部昇格!

DSCF7140 DSCF7138

9月23日に滝川第二高校にて、2部と3部の入れ替え戦がありました。2部昇格を目指して、

悔しい思いをしてきた先輩たちのためにも、控えの2年生やコートを譲ってくれていた1年生のためにも、

なんとしてでも勝ちたい1戦でした。1戦1戦、1ゲーム1ゲーム、1プレー1プレーが独特の緊迫した雰囲気

の中で試合は進みました。この1ショットのために日々練習してきたことを思うと、応援している方もとても力が入りました。

結果は3勝2敗で、なんとか2部昇格を果たしました!

シングルス1の池田は、重圧の中、いいスタートを切り、マッチポイントまで相手を追い詰めましたが、

最後は相手に押し切られ5-7でした。

DSCF7106^1

ダブルス1の渕・満仲は、競ったゲームを持ち前の集中力で取りきり6-1で勝ちました。

DSCF7121^1

シングルス2の森田は、立ち上がりが課題でしたが、いいスタートを切り、6-0で勝ちチームに勢いを与えました。

DSCF7111^1

ダブルス2の大西・田中は、ここで勝負がつくという大事な1戦でしたので、応援も一際大きくなり、

彼らも極度のプレッシャーを感じているようでした。しかし、そんな中でもしっかりと自分たちのテニスをし、

6-4で勝ちきることができました。

DSCF7120^1

DSCF7119^1

シングルス3の永井は、初めは相手に押されていましたが、応援の後押しを受けて

徐々に追い上げ4-5まで相手を追い詰めました。しかし、最後は相手にとられて4-6でした。

DSCF7131^1

 

先輩たちが悔しい思いをしてきた念願の2部昇格を果たせ、ほんとうにうれしく思います。

これも、自分たちを指導してくださった3年生の先輩方や、OBの方々、ボーラーや応援などを

一生懸命にしたメンバー以外の控えの部員たち、いつも自分たちを支えてくださった家族のおかげだと思います。

これからは、1部昇格を目指し、技術的にも精神的にもさらに成長していきたいと思います。

男子テニス部広報委員

リーグ戦

DSCF6984

8月13日(水)に総合運動公園のテニスコートにてリーグ戦が開催されました。

結果は、3勝0敗で須磨学園の3部優勝で2部昇格へのチャンスを獲得できました。

今回のリーグ戦は、今までの先輩方の悔しい想いが報われる結果でした。そして、出せる力を全て出し切った非常に充実した総力戦でした。

まず、全力だったのは試合に出た選手たちです。これは他校の生徒にも共通することですが、このポイントは絶対に落とさないぞ、と死に物狂いでポイントを取りにいく姿は圧巻でした。

IMG_5698 IMG_5684

そして、応援している側にもその気迫がひしひしと伝わって来ました。

しかし、様々なポイントで須磨学園の選手の方がその気持ちが上回っていると感じられました。

IMG_5679

IMG_5676

次に、全力だったのは応援です。2年生はもちろん、1年生もはじめてのリーグ戦でしたが、

精一杯2年生を応援してくれました。そしてさらに今回は忙しいなか3年生の方々も来て下さいました。

ありがとうございます。本当に今回、3年生の方々がとても大きく勝利に貢献してくださったと思います。

また、1年生も一所懸命応援してくれたと思います。

9月下旬には2部リーグで4位だった高校と入れ替え戦を行います。

その時には文字通り入れ替わるようにチーム一丸となって練習に励みたいです。

団体メンバーは試合を想定して、その他の人は、次こそは団体メンバーに入れるように一球入魂して練習していきたいです。

IMG_5675IMG_5695

IMG_5692IMG_5697

IMG_5681 IMG_5680

IMG_5682IMG_5683

テニス部広報委員

合宿@新たんば荘

8月3日と4日に篠山市にある新たんば荘という宿泊施設と、そこに隣接している

篠山総合スポーツセンターで合宿を行いました。

1日目は、2年生のシングルスメンバー、ダブルスメンバー、そして残りの2年生と1年生の上位6人、

残りの1年生、の4組に分かれて2日目に開催される紅白戦に向けて、13:00~18:00まで小雨が降り続く中

しっかりと練習をしました。その後、すぐにお風呂に入り、夕食をいただきました。

2日目は、9:00~12:00と13:00~16:00の二部に分けて、紅白戦を開催しました。

チームは、2年生、1年生がバランスよく振り分けられて構成されていました。

昼飯は、すぐ近くにラ・ムーがあったのでそこで購入さしてもらいました。とても低価格でうれしかったです。

そして午後は、午前の紅白戦の続きをしました。どのチームも強くて、

1ポイントに対する応援とプレイヤー自身の根気がとても結果に響いてきました。

集合写真

雨が、降ったりやんだりだったのでどれだけ気候を味方につけるかで、試合結果が変わって来ました。

全試合終わった後、バスに乗って、仲良く帰ってきました。

OB戦

集合写真

3月27日にOB戦を行いました。

まず、OB代表チームと現役代表チームの団体戦を行いました。大学の体育会クラブで活躍されている先輩も来ており、結果は4-1でOBチームの勝ちでした。

次にOBのペアも交えてダブルスのトーナメントを行いました。優勝は、やはりOBのペアで、とても強かったです。サーブの入る確率とスピード・ボレーの切れの良さなど見習うべき点がたくさんありました。

優勝の大岩根・渕先輩ペア

試合の後は、テニスや進路に関する研修会をOBの方とともに行いました。

試合で勝ち上がるために必要なことや難関大学合格に必要なことなどを実体験を通じて教えていただけて、とても心に残りました。

OBの方々、ありがとうございました。

次のOB戦では、現役が全勝できるように日々練習していきます。

卒業式

3月1日卒業式が行われました。
先輩たちは、
部活動では県ベスト16を成し遂げ、入試では前期試験を終えて、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、岡山大学
、大阪市立大学、慶応義塾大学などに合格してきました。勉強と部活を両立してきた素晴らしい先輩でした。
ご卒業おめでとうございます。
卒業されてもご活躍されることを願っています。
DSCF5966DSCF5968

団体戦

11月17日に須磨学園高校で秋季リーグ戦が行われました。
全員で昇格を目指して試合に挑みました。
日頃の練習から団体メンバーの練習を組み込み、自分たちでメインサブの担当などを曜日で決めて積極的に練習に取り組みこのリーグ戦に臨みました。
応援の係を決めて応援歌を作成・修正し、練習の時から1年生と共に声出しをして応援練習をしました。

当日は初戦に滝川戦が行われ、2勝3敗の惜敗でした。

一戦目で負けはすれど優勝を目指して諦めずに再び団結し、次の北須磨高校と三田祥雲館の二戦をしっかりと取りました。

S1は滝川戦、北須磨戦、三田祥雲館戦の全てを勝ち取り、全体を勢いづけてくれました。
D1は相手にリードされていても互いにカバーし合いその勝負強さで勝負どころのポイントを決め、諦めない心で粘りきり逆転勝利してくれました。
S2は1年生ながらも試合に出場し、応援している1年生の分も背負って試合に出て、勝利してくれました。
D2はキャプテンと二年生二人がそれぞれ組んで試合に臨みました。
滝川戦、三田祥雲館戦でボールを繋ぎボレーをしたりサーブでポイントを取っていました。滝川戦で惜敗はすれど、祥雲館戦で盛り返し、勝ちをとってくれました。
北須磨戦ではタイブレークの末に惜敗をしましたが、1ゲーム目のサーブゲームをキープし、ボレーをしっかりと決め、互いに励まし合い、ボールに食らいついていました。
S3は初戦を落とすも二戦目の祥雲館戦と三戦目の北須磨戦を勝ちました。
北須磨戦ではタイブレークにまでもつれ込み、最後は粘って二年生相手に勝ちを取り、勝利の時に二年生で胴上げをされました。
部内全員で一丸となり、声を張って応援をし、出場選手を鼓舞しました。とても選手の力になってくれたと思います。
男子テニス部以外でも当日に会場に来て応援をしてくれる人たちもいました。
結果は2位でしたが、全力を尽くして試合に臨んだので負けたこと勝ったことも経験にしてその先に活かせる糧になりそれぞれ何かを得れたと思います。
高校生活の最後の団体戦でチーム全体として団結することができました。

DSCF4029DSCF4024 DSCF3966 DSCF3963 DSCF3913 DSCF4052 DSCF4046 DSCF4010 DSCF5532 DSCF3991 DSCF4062 DSCF4018 DSCF3928 DSCF3965 DSCF3934DSCF5538

練習試合

9/23に練習試合を行いました。

一年生も参加しています。

結果は団体戦が3戦中全勝、全体としては20勝4敗という結果でした。

2年生は秋の団体に向けてこの結果を活かして勝ち上がっていきましょう。

1年生は試合で得た経験や先輩の試合を見て考えた事をこれからの試合でも使っていけるようにしましょう。

DSCF3157DSCF3139 DSCF3159  DSCF3170 DSCF3153 DSCF3141 DSCF3137 DSCF3146 DSCF3129 DSCF3162 DSCF3127

 

4 / 512345

活動報告

お知らせ