活動レポート

卒業生のto be myself・・・

須磨学園テニス部OBたちの近況報告をこのブログでもできたら、いいかなと思い、今回OBの大西君に原稿を依頼しました。
かつてシングルスで活躍した大西君は、いまは遠い異国の地にいました。有名な企業に勤めていながら、どうして会社を辞め、異国の地に赴いたのか?その志を聞き、ぜひ紹介したいと思いました。

 

須磨学園高等学校2012年卒のテニス部OBの大西健一朗です。JICA海外協力隊として、アフリカのケニアで農家さんの収入向上活動をしています。

 

ケニアの農家さんと一枚。

ケニアには一夫多妻制の家庭もあります。

53EBF679-466C-41A9-962D-69C027C33F2B

 

同僚がアボカド苗の植え方を説明中。

このアボカドで収入が増えることを祈って…。

40305D8C-7C60-4C75-A13D-8D479A0728AB

赴任地の景色

日本の車・バイクがたくさん走っています。

48EB21FE-4094-4523-916E-97A0CA0CB5FD

配属先の農業事務所の人と一枚。

日本について質問を受けることもしばしば…。

85058455-9ADF-4FFD-B72B-6F891913EFEE

 

テニス部OBにも色々な進路があると思いますが、なぜ僕がJICA海外協力隊に応募したかと言うと、大学生の時に訪れた途上国で、5歳の少年が学校に行かず、物を売り歩く姿を見て、衝撃を受けたことに始まります。自分は何の為に勉強するのか、何の為に働きたいのか、日本に生まれた自分と途上国で生まれた彼らの違いは何だろう。じゃあ、日本に生まれた自分には何が出来るのだろう…。
僕が高校テニス部だったとき、自分が一番頑張れたのは団体戦でした。応援してくれるチームのため・部員のために、自分は頑張るのが得意だと気付くことができました。それ以降、漠然と人の役に立ちたいと思っていましたが、この日を境に「いつかこの人達のために」という思いが強くなりました。そして日本で社会経験を積み、自分の中の想いが変わらないことを確かめて、協力隊へ応募しました。

現状
先月に配属先の農業事務所に赴任したばかりで、まだ何もわかってないのが正直なところです。そのため、同僚のケニア人に地域のことを教えてもらいながら、農家さんに挨拶周りをして、情報収集をしています。
生活面では、停電・断水は日常茶飯事。衛生・教育環境も日本と比べるとまだまだ。日本で感じていた「当たり前」が、どれほど「当たり前ではないか」を日々感じています。しかしそんな環境下でも、沢山の人がいきいきと、たくましく生きています。
「ケニアの人のために何かしたい」と思っていたのに、気づけばケニアの人たちの明るさとたくましさに支えてもらっています。これから少しずつ自分の出来ることを探しながら、貢献出来たらいいなと思っています。

今後の抱負
ケニアと日本とでは、働くことに対する考え方や姿勢も全く異なります。今後ケニア人と一緒に活動をする中で、大変なこともたくさんあるでしょう。だからこそ、日ごろからの信頼関係が大切にし、価値観・文化を超えて分かり合える関係を作っていきたいと思います。そのために、英語・スワヒリ語といった語学はもちろんのこと、お互いの違いを素直に受け入れる客観的な視点と心の余裕を持ち、柔軟に活動を行いたいです。
また、JICA海外協力隊の任期は2年間なので、活動終了後に「もっとなりたい自分になるためには、どうしたらいいのか」をしっかりと考え続けていきたいと思います。

 

ケニアの主食ウガリ
トウモロコシ粉を練ったもの。手で食べる。

E25FCF4C-140E-4A94-93AA-85F982FD68E5

 

 

市場の様子

日常会話は英語・スワヒリ語・部族語で…。

6311FE26-F884-4CD3-8987-4BF08EA9AABB

 

神戸支部夏季リーグ戦 3位

9k=

結果
須磨学園3-2三田学園
須磨学園2-3啓明学院
須磨学園1-4灘高校

1部に上がって初の夏季リーグ戦は3位でした。
初戦の三田学園戦は、2-2で勝負はS3の上松に託されました。
上松は粘り強くラリーを続けつつ、決めるときはしっかり決めるテニスで勝ちきりました。
2Q==

2戦目の啓明学院戦は、S1、D1を取りましたが、あとを取り切れず惜敗しました。
3戦目の灘高校戦は、どれも接戦でしたが、手堅い灘のテニスの前に、敗戦を喫してしまいました。
まだまだミスの多いプレーが目立ちましたし、応援の声も単調だったところがあります。また、審判も
至らないところがまだまだありました。

Z 9k= 9k= 2Q== 9k= 2Q== 2Q==Z2Q==

応援、審判、プレーヤーといろいろな部分で課題の残る夏のリーグ戦でした。
夏休みの後半の練習や秋からの練習で、課題の部分を修正し、秋のリーグでは須磨学園会場で
優勝できるように、がんばりたいと思います。
暑い中、応援に来ていただいた保護者の皆さん、3年生の皆さんありがとうございました。
テニス部顧問 田村 忠

 

夏の練習試合への応援ありがとうございました!

新人戦に向けて、暑い中ですが、練習試合を行っています。2年生保護者の方々は、学校に来ていただいて、応援・サポートありがとうございました。連日気の利いたお心遣いをしていただき、生徒たちも大喜びでした。最終日はスイカや塩枝豆といったお心遣いまでしていただき、本当に感謝しております。少しでもお子さんの成長している姿を見ていただけたらと企画しましたが、生徒たちも親の見ている前で下手なプレーは見せたくないので、頑張っていたと思います。暑い中でしたが、本当にありがとうございました。

2Q== 9k= 2Q== 9k= 2Q== Z 9k= Z 9k= Z 9k= 2Q==

試合を重ねるごとに、生徒たちは自分の力量を知ることができます。自分に何が足りないか?どうすれば勝てるようになるのか?
どうすれば接戦で勝ちきれるのか?まさに自分自身と向き合い、1日1日成長していきます。
また、チームの一員として、どのように行動するのか学んでいきます。新人戦予選が終われば、夏のリーグ戦が神戸総合運動公園で11日行われます。
1部リーグは、灘・啓明学院・三田学園・須磨学園の4校によるリーグ戦です。どこも強いので、接戦になると思われますが、
いいご報告ができるように頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

テニス部顧問 田村 忠

兵庫県高等学校春季テニス大会団体戦第4位!!

9k=

 

表彰式

2Q==

 

昨年秋の新人大会に続いて、県総体団体戦においても、第4位に入ることができました。

4回戦は昨年度総体で4位となった神大中等です。4月に行った練習試合では、負け越しているだけに警戒すべき相手でしたが、2-1で勝つことができました。

2Q==エース小柴は安定した試合運びで、勝利しました。
Z藤岡は怪我の影響か、ミスが続き序盤から苦しい展開になりました。最後は意地を見せましたが、力及びませんでした。

9k=
小川・渕のダブルスは練習通り、試合を進めることができました。
続く準々決勝は、昨年秋の近畿公立高校団体戦で優勝している三木高校との対戦です。勝つのは厳しいかと思っていましたが、小川・藤岡のダブルスが有利に試合を運び、勝敗はエース小柴に託されました。
Z
相手のチームの応援も勢いがあり、苦しい展開でしたが、須磨学園の選手も声がかれるまで応援し、接戦をものにして2-1で勝利しました。 

9k=Zいつも大きな声で、気の利いた応援をしてくれる藤池・岸でした。頼もしい応援でした!!

準決勝は、全国選抜優勝の相生学院です。結果0-2で完敗ですが、全国優勝しているチームと対戦できるのは、貴重な経験でした。
3年生にとっては、最後の団体戦となりました。今までは「ベスト16に入れたらいいなあ」というレベルでしたが、ひょっとしたらベスト4に入れるのではないか?と思うようになり、夢が目標となり、生徒たちと目標を追いかけて、練習に励む日々は顧問にとっても最高の思い出です。
2Q==3年生は勉強に切り替えて、受験でも勝利を目指して頑張ってほしいです。

おまけショット
2Q==やらせ感たっぷりですが・・・。
9k=Z
Z豪快なバックハンドも決まりました。

Z兵庫県大会の決勝戦の主審を務める眞田くん。緊張します。
2Q==
同じく決勝戦の主審を務める松井君。これもすごい体験です。
保護者の方々も、応援ありがとうございました。

田村

総体団体予選結果

3回戦突破!!

2回戦 3-0
3回戦 3-0

Z
今回もエース小柴が安定した試合運びで、勝ってくれました。
2Q==
怪我が続いた藤岡も完治して、2試合ともしっかり勝ってくれました。
9k=
小川・渕のダブルスも2試合とも勝負強さを発揮して接戦をものにしました。
9k=
Z
GWということでOBも応援にきてくれました。
9k=Z

予選は勝ったものの、次の本戦ではより強い相手も出てきます。
小柴や藤岡に頼ることなく、チームの総合力を高め、次の本戦に向けて練習に励んでいきます。
テニス部顧問 田村

GW OB来訪

2Q== 9k=

GWということで、OBが学校にきて、後輩の指導をしてくれました。
大学でもテニスを続けるOBが多く、テニスを通じて仲間作りをしているのを
聞くと、うれしく思います。大学でも活躍されることを願っています。
テニス部顧問田村

2019年OB戦

9k=
3月31日恒例のOB戦を行いました。今回は8・9期生、10期生+5・7期生、11期生、12期生の世代による団体戦形式で行いました。
結果は、昨年度兵庫県ベスト4を牽引した11期生が優勝しました。
9k=
かつての最強ダブルスが復活!!
Z
東京大学の話も、みんな聞いて参考にしていました。
2Q==
スライスサーブとスライスは今も健在!!
2Q==
現役生も驚きのパワーショット!
9k=
今回最年長の香村くんも名古屋から久々に参戦しました!!
2Q==
苦難の末、難関の京都大学に合格した先輩の顔も晴れやかでした。

試合後は、OBから後輩への助言・アドバイスが一言ずつ話されました。OB達の話を聞いていると
やっぱり縦のつながりはいいなあと改めて思いました。
こちらも、OB達にいい報告ができるように、現役生達を鍛え、育てていきたいと思います。
今回、来れなかったOB達も、またいつでも遊びに来てください。
硬式テニス部顧問 田村

2018年度男子硬式テニス部卒部式

9k=

3月2日須磨学園高校の卒業式が挙行され、その後教室で卒部式が行われました。
卒業生達は1部昇格を夢見て、日々の練習に取り組みました。その夢は惜しくも果たせませんでしたが、
後輩達がしっかりと受け継ぎ、神戸支部1部昇格を実現してくれました。この代がしっかりとバトンを繋げてくれた
おかげです。卒業生達は、キャプテン戸髙を中心に特に仲が良く一致団結して成長してきたと感じています。
進路は、それぞれ違いますが、またOB戦の時にはぜひ遊びに来てください。
皆さんのご活躍を願っています!!       テニス部顧問 田村

京都招待テニス選手権結果

京都招待テニス選手権結果

 

男子シングルス優勝 小柴遼太郎

1

2

決勝戦は、強豪東山高校の選手でした。タイブレイクの大激闘末、見事優勝しました。試合が終わったあとには敵味方関係なく、両者に健闘を称える大きな拍手がおくられました。

3

藤岡は、個人戦では、和歌山代表や奈良代表選手を破りましたが、準優勝した東山の選手に4-6で敗れました。
しかし、レベルの高い大会で勝利することで、自信もついた大会であったと思います。

5

67

ダブルスで出場した小川は、高校から硬式テニスを始めたにもかかわらず、ボレースマッシュの技術が優れており、短期間で成長しました。

8

藤池は今回応援隊長として、雰囲気を大いに盛り上げてくれました。

9

10

渕も高校からテニスを始めたにもかかわらず、抜群の運動神経の良さから大会でも本戦にすすむなど、チームの勝利に貢献してきました。

今回、団体戦では奈良県代表の平城高校に勝つことはできましたが、京都代表の東山高校や京都両洋高校には敗れました。しかし、近畿の強豪選手が集う大会に初めて出場し、とても貴重な経験をさせていただきました。また、来年も参加できるように頑張りたいと思います。

11

 

                            硬式テニス部顧問 田村

神戸支部1部リーグ準優勝!!

ついに、部リーグに挑む日がやってきました。はじめての部でしたが、もちろん優勝を狙って頑張りました。
高校戦1-4
D1、S2を落とし、S1を取っていた状況でD2は4-1、S3は5-1と優勢でしたが、どちらも逆転され惜敗してしまいました。
神戸高校戦4-1
新人戦団体戦の時に一度勝っている相手でもありましたが、油断せず、先程の灘高校戦の悔しさをバネにし、頑張りました。
そしてまず一勝おさめることができました。
三田学園高校戦4-1
三田学園高校も一度勝っている相手でもありましたが準優勝をとるために、全力を尽くしました。どの試合もいままでの練習の 成果を発揮したとてもいい試合でした。

 

4月の総体からとても成長を感じられる団体戦になりました。しかし、これから控える京都招待テニス大会のために、まだまだ成長しなければなりません。最高のコンディションで臨めるように努力していきます。2-1
2-2
高校男子硬式テニス部 藤池
1 / 512345

活動報告

お知らせ