活動レポート

兵庫県高等学校新人卓球大会

 

● 11月4日(土)・5日(日) 兵庫県高等学校新人卓球大会 @  姫路市立中央体育館

 

9月に行われた神戸市の予選を通過した以下の種目に出場して参りました。

 

男子学校対抗、女子学校対抗、

男子シングルス 1名、男子ダブルス 1組

女子シングルス 1名

 

<試合結果>

男子学校対抗 1回戦 ×0-3(姫路商)

女子学校対抗 1回戦 ×2-3(市尼崎)

男子シングルス 長尾 3回戦 ×0-3(滝川第二)

男子ダブルス 長尾・有村 3回戦 ×1-3(滝川第二)

→ 9位決定戦 1戦目 〇3-2(龍野) 2戦目 ×1-3(芦屋学園) ベスト12

女子シングルス 安藤 1回戦 ×0-3(姫路商)

 

県新人2017 (3)   県新人2017.1   県新人2017.2

 

男子ダブルスでは、大きいラリーになったときに

よく得点されていたので、その点が課題である。

女子の学校対抗では、異質ラバーの選手の球に翻弄されていたので

苦手な球種に向き合ってしっかり練習していく必要があると感じました。

神戸市中学校新人大会(須磨区予選会)

●  10月28日(土)  神戸市中学校新人卓球大会(須磨区予選会) @  飛松中学校

 

男子1名(松岡) が本大会に参加しました。

 

<試合結果> 2回戦 ×2-3(高倉中)

 

中学須磨区新人戦2017

 

サーブで得点できた場面もあったが、ツッツキラリーで、自分から仕掛けて

オーバーしてしまう失点が一番多くて敗戦しました。

3球目以降の球で、自分から攻撃していく練習をしなければならないと感じました。

神戸市総合体育大会

● 10月7日(土) 神戸市総合体育大会  @ 神戸市中央体育館

 

女子1名(後藤)が、高校須磨区代表として、出場いたしました。

 

みなと大会2017

 

<試合結果>

1戦目 〇3-1(VS 東灘区代表)

2戦目 〇3-0(VS 北区代表)

 

決定打の打ち分けで、打ちやすいコース と 慣れていないコース とかがあり

引き続き、練習していく必要がある。

神戸市高等学校新人卓球大会

● 9月2日(土)・3日(日) 神戸市高等学校新人卓球大会 @  神戸市中央体育館

 

男子、女子ともに、学校対抗、シングルス、ダブルスの種目で出場しました。

 

<試合結果>

 

● 男子学校対抗

予選 ○3-0(須磨翔風) → 県新人出場

2次トーナメント

1回戦 ○3-0(神戸商業)

2回戦 ×1-3(村野工)

6位決定戦 ×1-3(神港橘)

 

● 女子学校対抗

予選 ○3-1(神戸鈴蘭) → 県新人出場

2次トーナメント

2回戦 ×2-3(星陵)

 

● 男子シングルス

予選 1名通過、ブロック決勝敗退 3名

決勝トーナメント 長尾 2回戦敗退 → 県新人出場

 

● 女子シングルス

予選 1名通過、ブロック決勝敗退 1名

決勝トーナメント 安藤 1回戦敗退 → 県新人出場

 

● 男子ダブルス

予選 1組通過

決勝トーナメント 長尾・有村 1回戦敗退 → 県新人出場

 

● 女子ダブルス

予選 ブロック決勝敗退 1組

 

神戸市高校新人2017.2

 

神戸市高校新人2017.1

 

状況に応じてねらっていくコースを変えていく。など

戦術の組み立てがしっかりできていたかどうか。

終わりのミーティングでその話がでてきて、相変わらずの話題になっている。

自分が楽に戦い、相手がしんどくなるような展開を作って試合に臨んでいきたいものです。

神戸市総合体育大会・須磨区代表選考会

● 8月26日(土) 神戸市総合体育大会 須磨区高校代表選考会 @  須磨学園

女子 後藤 準優勝 → 須磨区代表に選考

 

●  9月2日(土) 神戸市総合体育大会 須磨区中学代表選考会 @  須磨体育館

 

みなと大会中学2017

 

男子 松岡 4回戦(ベスト16)

 

サービスエースが多かったが、サーブで決まらないときの3球目攻撃の決定率が低かった。

サーブが返ってきたときの決定打の練習が必要である。

全日本選手権大会兵庫県予選(ジュニアの部)

● 8月16日、17日 全日本選手権大会兵庫県予選(ジュニアの部)

 

男子13名、女子4名(シングルス)出場しました。

 

<試合結果>

男子: 5回戦 1名  3回戦 5名  2回戦 7名

女子: 3回戦 2名  2回戦 2名

 

2017県ジュニア01  2017県ジュニア02

 

セット終盤の競り合い時に、サーブミスをしてしまったり、守りすぎて先手がとれなかったり

と、大事な場面で多く失点しないようにしていく必要があると感じました。

全日本卓球選手権カデット須磨区→神戸市予選会

● 7月29日(土) 全日本卓球選手権カデット須磨区予選会 @ 飛松中学校

● 8月9日(水) 全日本卓球選手権カデット神戸市予選会 @ 神戸グリーンアリーナ

 

男子1名、シングルス(1年生の部)に出場しました。

 

須磨区カデット2017.1

 

<試合結果>

・須磨区予選 6回戦 ×1-3(滝川) → ベスト4(第3位)

 

レシーブから先手を取って、ラリーを優位に進めていける展開が少なかった

ので、先手を取る視点を持って練習する必要があると感じました。

 

・神戸市予選 1回戦 〇3-1 2回戦 ×0-3

 

須磨区予選会での課題、レシーブから優位にたてるようになることが引き続きの課題。

レシーブで、ツッツキラリーの展開だと、やりやすい様子でした。

 

神戸市中学校総合体育大会

● 7月8日(土) 神戸市中学校総合体育大会

 

男子4名、個人戦に出場しました。

 

神戸市中学総体2017

 

<試合結果>

田中 1回戦 ×0-3  冨田 1回戦 ×2-3

松岡 2回戦 ×0-3  蓮沼 2回戦 ×0-3

 

全体的に、相手のサーブが返せなくて

失点している。あるいは、不利な展開になっていました。

あと、決定打の精度も、今後の課題だと感じました。

今後は、一般の試合や練習試合などで、経験を積んでいきたい。

兵庫県国体予選会

● 6月21日(土) 国体神戸市予選会  @  姫路市立中央体育館

 

女子1名が、神戸市の予選を突破し、本大会に出場いたしました。

 

<試合結果>

1回戦

後藤(須磨学園)2-3森本(龍野)

 

最初に2セット先取された後、フルセットまで持ち込みましたが、

接戦を逃し、初戦敗退となりました。

試合の立ち上がりから積極的なプレーが出来るか、

競った場面で、適切な戦略がとれるかなど、

これまで課題としてきた点を、引き続き対策していく必要があると感じました。

夏のジュニアに向けて「苦手と向き合う練習」を部全体で取り組んでいきます。

 

DSC_1035

 

 

 

 

 

国体神戸市予選会

● 6月17日(土) 国体神戸市予選会  @  神戸市中央体育館

 

男子12名、女子4名が、本大会に出場いたしました。

 

<試合結果>

 

男子:ブロック決勝 3名進出 → 3名とも敗退

女子:ブロック決勝 2名進出 → うち1名予選通過(国体県予選へ)

 

国体神戸市予選2017.2  国体神戸市予選2017.1

 

技術面が原因で負けてしまったのか。戦術面が理由で敗戦したのか。

一人一人が自分が今回、どれに該当しているのかを把握し、次につないでいく必要があると感じました。

特に、戦術面をどのように鍛えていくかが大きな課題である。

 

活動報告

お知らせ