活動レポート

神戸市卓球選手権大会(ジュニア)

● 3月29日(金) 神戸市卓球選手権大会(ジュニア) @ グリーンアリーナ

 

男子20名、女子6名で参戦しました。

神戸市内の高校生と、上位の中学生が集まり、

シングルス・ダブルスのトーナメントを行います。

 

【男子シングルス】

笹田 5回戦進出(ベスト32)、松田 4回戦進出

3回戦進出2名、2回戦進出10名

 

【男子ダブルス】

笹田・松田ペア 5回戦進出(ベスト16)、加賀・蓬莱ペア 4回戦進出

3回戦進出1ペア、2回戦進出2ペア

 

【女子シングルス】

3回戦進出 2名

 

【女子ダブルス】

2回戦進出 1ペア

 

KIMG1344

 

KIMG1333

どのレベルの選手も、競り合いになったときにサーブミスをするなど、

持っている技術以上のことをしようとして、自滅する場面が何度かみられました。

基本技術を反復練習することの重要性を、あらためて感じました。

2日連続の試合になるので、戦術面などで後悔したことをすぐに改善できるよう、

しっかりと反省して翌日の県ジュニア大会に臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県団体選手権大会(男子)

● 3月17日(日) 兵庫県団体選手権大会(男子) @ 姫路市中央体育館(ウインク体育館)

男子3チーム、本大会に出場しました。

KIMG1107

 

KIMG1115

 

【試合結果】

〈Aチーム〉※1名欠場のため、トップ棄権の扱いで参戦。

予選リーグ3位

3位トーナメント3回戦敗退

 

〈Bチーム〉

予選リーグ2位

2位トーナメント1回戦敗退

 

〈Cチーム〉

予選リーグ3位

3位トーナメント1回戦敗退

 

全体的に、悔いの残る結果となりました。

試合後半でのサーブミスなど、競った場面で実力以上のことをしようとして、

自滅するポイントが何本かありました。

試合中、自分を客観的に見て、戦術を組み立てる必要性を再認識しました。

普段から、競った場面を想定し、緊張感を持って練習に臨む必要があります。

3月末のジュニアの試合に向けて、再度気を引き締めなおしました。

 

 

 

 

 

兵庫県団体選手権大会

● 3月16日(土) 兵庫県団体選手権大会(女子) @ 高砂市総合体育館

 

女子1チーム、本大会に出場しました。

 

兵庫県団体女子2018

 

<試合結果>

・予選リーグ  〇2-1(西脇工業高) ×1-2(網干高)

・2部決勝トーナメント 1回戦 ×0-2(御影高B)

 

前回の大会から、決定打を課題として、練習に取り組んできて

本大会では、練習した決定打の成果があらわれていました。

ロングサーブからの展開で、防戦一方な場面が多かったので

次は、このような展開で不利にならないように練習に取り組んでいきたい。

兵庫県高等学校新人卓球大会

● 11月2日(金)兵庫県高等学校新人卓球大会  @ グリーンアリーナ神戸

 

神戸市高等学校新人卓球大会の予選を通過した

男子学校対抗、女子学校対抗

男子シングルス(1名)、男子ダブルス(1組)

の種目に出場して参りました。

 

<試合結果>

・男子学校対抗

1回戦 〇3-0(市川)

2回戦 ×0-3(尼崎小田)

 

・女子学校対抗

1回戦 ×0-3(小野)

 

・男子シングルス(笹田)

1回戦 〇3-0(洲本)

2回戦 ×1-3(育英)

 

・男子ダブルス(松田・笹田)

1回戦 ×1-3(姫路商)

 

県新人2018.1  県新人2018.2

 

神戸市新人大会から練習してきた内容

が一部改善され得点できている場面がありましたが

やりきれていない練習や詰め切れていない

課題内容(質の高い相手レシーブでは攻撃が厳しくなる

バッククロス展開での失点(ツッツキ、バックハンド攻撃)など)

も見つかりました。

練習内容や運用をしっかり考えて次の大会にのぞんでいきたい。

神戸市総合体育大会(中学・須磨区予選会)

● 2018年 9月23日(日) みなとの大会(中学・須磨区予選会)@ 飛松中学校

 

男子6名、女子1名が試合に出場してきました。

 

<試合結果>

 

男子

1回戦 2名(〇 不戦勝、×0-3)

2回戦 5名(〇3-0、×0-3、×0-3、×0-3、×0-3)

3回戦 1名(×0-3)

 

女子

2回戦 1名(〇3-1)

3回戦 1名(×0-3)

 

中学みなと予選2018.1

 

異質系のラバーの球に対応できず、練習したこと

が試合で十分に発揮できなかった選手が多かった。

攻撃を仕掛ける球を見極めて、攻撃できた選手は

いい勝負あるいは勝つ試合ができていました。

自分の球にして決定打を仕掛けていくことが今後の課題

と感じました。

神戸市高等学校新人卓球大会

● 2018年 8月28日(月)29日(火)

神戸市高等学校新人卓球大会  @ 王子スポーツセンター

 

学校対抗、シングルス、ダブルスの種目で男女出場しました。

 

<試合結果>

● 男子学校対抗 6位/35校

・予選 ○3-0(神戸国際)→ 県大会出場

・決勝トーナメント

2回戦 ○3-1(神戸野田)

3回戦 ×0-3(滝川)

順位決定戦 ×1-3(御影)

 

神戸市総体2018.2 神戸市総体2018.3

 

● 女子学校対抗 12位/22校

・予選 ○3-0(神大附属)→ 県大会出場

・決勝トーナメント

1回戦 ×0-3(神港橘)

 

神戸市総体2018.1

 

● 男子シングルス

決勝トーナメント 笹田 1回戦 ×0-3(滝川)→ 県大会出場

予選トーナメント ブロック決勝 2名 松田、加賀

● 男子ダブルス

予選トーナメント 松田・笹田 予選通過 → 県大会出場

決勝トーナメント 松田・笹田 1回戦 ×0-3(村野工)

 

神戸市総体2018.4

 

● 女子シングルス

予選敗退

● 女子ダブルス

予選敗退

 

男女ともに、学校対抗で県大会の出場権を獲得でき

最低限の目標は達成することができました。

 

女子は、攻撃力不足で、得点できる機会を逃している

展開が多くて敗戦した試合がほとんどでした。

男子は、レシーブの台上処理で不利になって

決定打を打ち込まれたり、チャンスメイクがしっかり

できなかったりしている部員が多くいました。

 

これらの課題をどのように改善していくかを

しっかり考えて、次の県大会では

ある程度克服して試合にのぞんでいきたいです。

 

須磨区卓球選手権大会

●須磨区卓球選手権大会(神戸市総体代表選考会)

8月26日(日)  @ 須磨学園高等学校武道館

 

須磨区の高校1年、2年が集まり、シングルスの試合を行う大会です。

本校からは男子16名、女子5名が参戦しました。

 

【男子】

優勝 笹田(本校2年)、第3位 堀(本校2年)

【女子】

第3位 神原(本校2年)

KIMG0555

 

初勝利、初入賞が多く見られた大会でした。

これまでになく、気合いを前面に出して戦った部員もいました。

「自分の得意な展開をつくる」という点は、実現できた部員が多かったように思います。

試合中に相手を分析し、戦術を変えていけるようになれば、更に勝ち星を増やせるようになります。

2日後の新人戦では、相手をよく見て試合をすることを重視したいです。

KIMG0542

 

KIMG0544

 

全日本卓球選手権兵庫県予選(ジュニアの部)

●全日本卓球選手権 兵庫県予選(ジュニアの部)

8月16日・17日  @ グリーンアリーナ神戸

 

兵庫県下の高校2年生以下が一同に集まる、シングルスの試合です。

中学生、小学生の強豪選手も参加し、男子は1800人、女子は1000人近くでトーナメントを行います。

本校からは、男子19名、女子5名が参戦しました。

 

【男子】

笹田 7回戦進出(ベスト32)

4回戦進出 3名

3回戦進出 4名

2回戦進出 8名

 

【女子】

2回戦進出 4名

 

男子が1名ベスト32に入り、秋に行われる新人戦で県大会無条件出場の権利を獲得しました。

本大会がデビュー戦となった選手も何名かいましたが、堂々と自分のプレーを貫き、

勝ち星をおさめる者も多くいました。

団体戦など緊張する場面でも自分のプレーができるように、今の時期はどんどん

経験値を積んでほしいと思います。

KIMG0510

 

KIMG0524

 

 

 

 

近畿高等学校卓球選手権大会

● 第72回近畿高等学校卓球選手権大会

7月24日・25日  @ 滋賀県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)

 

男子卓球部が、兵庫県予選団体5位となり、近畿大会に出場しました。

 

前日に京都入りし、京都大学で練習・試合をさせていただいたのち、試合への参加となりました。

〈前日の練習風景〉

imgo[3]

1回戦

須磨学園3-0那賀(和歌山県)

笹田3-0大久保

長尾3-0畑下

有村・長尾3-0東・原塚

 

2回戦

須磨学園3-0精華(大阪府)

笹田3-2森

井戸3-0中山

有村・長尾3-2熊田・森

imgo[2]

 

3回戦(ベスト8決定戦)

須磨学園0-3東山

笹田1-3田中

山奥1-3高澤

有村・長尾0-3宮木・田中

imgpsh_mobile_save[1]

苦戦が予想されましたが、1、2回戦は流れに乗りストレートで勝つことができました。

2日目に残り、全国でも上位のチームである東山高校との対戦が実現しました。

序盤はセットを取りリードするも、最後は堅実に押し切られ、3回戦敗退(ベスト16)となりました。

 

本大会をもって、3年生は完全に引退となります。

中学時代は、近畿大会や県大会の経験がないメンバーでしたが、

技術の的を絞って練習を行い、実践すれば、上位の学校にも有利な勝負ができることを証明してくれました。

良い面をしっかりと後輩に引き継ぎ、限られた時間の中で、無駄のない練習をしてほしいです。

 

imgo[1]

中学カデット大会

● 中学カデット予選会(須磨区・神戸市)

 

8月4日 須磨区予選会 @ 飛松中学校

 

男子5名、女子1名 2年シングルスの部で出場しました。

カデット区2018(1)  カデット区2018(2)

<試合結果>

1回戦 1名(×2-3)

2回戦 5名(×0-3、×0-3、×1-3、○3-2、○3-0)

3回戦 2名(×0-3、○3-0)

順位決定(ベスト32→ベスト24)1名(×0-3)

4回戦 1名(×0-3)→ ベスト16 市予選会へ

 

6名のうち、2名が初戦突破(1名が初勝利)、4名が初出場でした。

初出場の4名については敗戦はしましたが

練習した展開(下回転サーブ→ツッツキ→ドライブ)

で得点できている場面もあり、練習の成果がある程度発揮できていました。

ただ、相手のサーブがとれなかったので、サーブレシーブの練習をして

レシーブで不利にならないようにする必要があると感じました。

 

 

8月11日 神戸市予選会  @ 神戸グリーンアリーナ

 

男子1名 2年シングルスの部で出場しました。

 

カデット市2018

 

<試合結果> 2回戦 ○3-1  3回戦 ×1-3

 

攻撃を(レシーブ時、ツッツキラリー時)早期に仕掛けて

いける決定打力が今後の課題と感じました。

 

今回のカデット予選会を通じて、練習の成果と次の練習

すべきことが明確にできたので、1ヶ月後の須磨区大会

で結果を出せるように練習に励んでいきたいです。

 

2 / 1212345...10...最後 »

活動報告

お知らせ