活動レポート

国民大会卓球競技神戸市予選会

 

● 6月12日(土) 国体神戸市予選会 @ 神戸市立中央体育館

 

男子 16名、女子4名 が、本大会に出場して参りました。

 

<試合結果>

 

男子予選通過 5名(胡、中山、川本、劉、藤田)

女子予選通過 3名(奥田、竹内、留岡)

 

国体市予選2021.1  国体市予選2021.2 国体市予選2021.3

 

予選通過できた部員数が、歴代最高人数でした。

普通に無理なく勝利できた部員はもちろんのこと、応援の後押しで逆点勝利できた部員

自分の失点パターンを最小限におさえて考えて勝利できた部員 など

予選の通過の仕方も様々で、ちょっとしたことで戦況が大きく変わることが示されていました。

 

3年生にとっては、本大会が高校卓球部の区切りだったので、3年生から挨拶を一人一人いただきました。

学年関係なく後輩から声掛けしてくれたこと、自分にとって一番自分らしく入れる場所であること

この引退の日はあっという間にやってくるから1日1日練習大切にして欲しいこと など

一人一人の部活への思いを感じることができました。

これまで向けてきた部活への活力を、受験勉強へシフトして卓球部の引退後のふんばり凄いって

思わせてもらいたいです。

 

 

兵庫県高等学校総合体育大会

● 6月4日・5日 兵庫県高等学校総合体育大会  @ 姫路市立中央体育館

 

男女学校対抗、男子シングルス、女子ダブルス の種目で

本大会に出場いたしました。

 

<試合結果>

男子学校対抗 2回戦 〇3-1(西脇工) 3回戦 ×1-3(伊丹西)

女子学校対抗 2回戦 〇3-2(相生) 3回戦 ×0-3(淡路三原)

男子シングルス 胡 1回戦 ×0-3(津名)

女子ダブルス 奥田・竹内 ×0-3(市尼崎)

 

 

県総体2021.2 県総体2021.1

 

市予選会とは違い、県レベルの対戦相手ということもあってか

自分の思うような展開に持ち込めずにミス失点中心の敗戦がほとんどでした。

しかしながら、レシーブの返球の仕方を考えて、逆に相手にミスさせて勝てた試合

もありました。勝ち試合と負け試合の両方から、戦術次第で大きく変わることを再認識

できた大会になりました。

 

神戸市民体育大会(県総体神戸市予選会)

● 5月1日・2日 兵庫県総体神戸市予選会 @ グリーンアリーナ神戸

 

学校対抗、シングルス、ダブルスの種目に

計21名の部員が試合に出場いたしました。

 

<試合結果>

・学校対抗 → 県大会出場

男子 11位/37校

1次トーナメント 2回戦 〇3-0(東灘)

2次トーナメント 2回戦 〇3-2(長田) 3回戦 ×0-3(神戸高専)

 

女子 9位/27校 → 県大会出場

決勝トーナメント 2回戦 〇3-2(夢野台) 3回戦 ×2-3(神学院附)

 

・シングルス(男子12名、女子4名)

男子 予選トーナメント 通過 1名(胡)→ 県大会出場

女子 予選トーナメント ブロック決勝 1名

 

・ダブルス(男子6組、女子2組)

女子 予選トーナメント 通過 1組(奥田・竹内) → 県大会出場

女子 予選トーナメント ブロック決勝 1組

 

2021神戸市総体04 2021神戸市総体応援

2021神戸市総体02  2021神戸市総体03

 

学校対抗では、男女とも予選を通過し、第1段階の目標である

県大会への出場を決めることができました。

応援制限(声だし制限)もありましたが、自作のうちわやメガホンを持参して

試合の盛り上げ方を積極的に工夫しており、学校対抗の醍醐味を感じました。

試合内容としては、年末年始に他校の練習に参加させてもらい、練習内容を

変えて大会にのぞみました。

成果が出ていた部分もありましたが、まだまだ進行中なところがあるのが正直なところです。

もう一度、部員には考えさせていきたいと思います。

 

蔓延防止措置、緊急事態宣言発令の中、練習試合など対外活動が行えませんでしたが

通常練習は、学校、ご家庭、大会を運営していただいている先生方のご尽力もあり

練習をさせていただくことができました。

大会の選手宣誓でも「試合ができることに感謝して・・・」とありました。

練習ができる1日1日を大切にして、限られた練習量ではありますが

次回の大会に向けて、練習に励んでいきたいです。

兵庫県卓球選手権大会(兵庫県ジュニア)

●2021年3月30(月)・31日(火) 神戸市卓球選手権大会(@ グリーンアリーナ神戸 )

 

兵庫県の高校1,2年生で行うシングルスのみの試合です。

男子1300名、女子700名でトーナメントを行います。

須磨学園からは男子17名、女子4名が本大会に出場しました。

 

年始より重点をおいて取り組んできた練習が活き、得意なパターンに持ち込めた試合もありましたが、

攻撃の決定率にまだまだ課題が残りました。

得点力向上のため「サーブの後の展開の予測」や「ラリー中のコース取りの工夫」

にも重点をおいて練習していきたいです。

 

<試合結果>

【男子】

ベスト64(6回戦):中山(1年) 5回戦進出:1名  4回戦進出:3名

3回戦進出:4名  2回戦進出:5名

【女子】

4回戦進出:2名  3回戦進出1名  2回戦進出:1名

 

MicrosoftTeams-image (2)

 

DSC_0506

 

 

神戸市卓球選手権大会(神戸市ジュニア)

●2021年3月29(日) 神戸市卓球選手権大会(@ グリーンアリーナ神戸 )

 

神戸市の高校1,2年生で行うシングルスのみの試合です。

須磨学園からは男子17名、女子4名が本大会に出場しました。

 

接戦の際にサーブ、レシーブで差をつけられることが多く、

「横回転サーブに対するレシーブ練習」と

「自信をもって使えるサーブからの展開練習」を行う必要性を感じました。

 

<試合結果>

【男子】

第3位:胡(1年)  第5位:中山(1年)  4回戦進出:飯田(1年)

3回戦進出:7名  2回戦進出:3名

 

【女子】

ベスト16:竹内(2年) 4回戦進出:留岡(1年) 3回戦進出1名

DSC_0498

 

MicrosoftTeams-image (4)

MicrosoftTeams-image (3)

 

MicrosoftTeams-image (2)

 

 

 

 

 

兵庫県高等学校新人卓球大会

 

 

● 11月13日(金)~14日(土) 兵庫県高等学校新人卓球大会(@ グリーンアリーナ神戸 )

 

9月の神戸市の予選を通過した

男子学校対抗、女子学校対抗

男子シングルス(1名)、女子シングルス(2名)

の種目で、本大会に出場しました。

 

<試合結果>

男子学校対抗 1回戦 〇3-1(豊岡総合) 2回戦 ×2-3(明石商)

女子学校対抗 1回戦 〇3-1(八鹿) 2回戦 ×1-3(芦屋)

男子シングルス 胡 1回戦 〇3-1(豊岡) 2回戦 ×0-3(滝川第二)

女子シングルス 留岡 1回戦 〇3-0(姫路) 2回戦 ×1-3(芦屋学園)

女子シングルス 竹内 1回戦 ×1-3(姫路商)

 

兵庫県新人2020(1)  兵庫県新人2020(2)

 

ある一定レベル以上の対戦相手においては、ラリー等の基本的技術に根本的な差があり

歯が立ちませんでした。

本校の練習時間、練習環境を考えると、同等の基本技術を磨いて完成させるのは厳しいので

対戦相手のそのような技術を最小限におさえて試合ができるような技術や戦術が必要と感じました。

具体的にどうしていくか部全体で決めていきたい。

 

 

神戸市中学校新人戦須磨区予選会

 

 

● 10月31日(土) 神戸市中学校新人戦須磨区予選会 @飛松中学校

 

本大会に、男子シングルス 6名、男子団体戦

に出場いたしました。

 

<試合結果>

・シングルス

4回戦 1名(今井)→ ベスト12 区予選通過

3回戦 3名  2回戦 1名  1回戦 1名

 

・団体戦 7位/8校

予選リーグB

×0-3(友が丘) ×1-3(飛松) 〇3-1(太田) → Bリーグ4位

〇3-1(竜が台(Aリーグ4位))

 

須磨区新人中学2020

 

 

6名中、5名は初めての公式戦出場でした。

ひとつも練習していない技術(ドライブ、スマッシュなど)がある中で

個人戦初戦や団体戦で勝てた場面があり、ランダムな球に予想よりも

対応できていました。

次回の1月の試合に向けて、ドライブやスマッシュなどの決定打の練習を

しっかりやっていきたい。

 

 

 

神戸市内高等学校新人卓球大会

 

● 9月12日(土)・13日(日) 神戸市内高等学校新人卓球大会 @ 神戸市中央体育館

 

男子 10名、女子 5名が

学校対抗、シングルスの種目で、本大会に出場しました。

 

<試合結果>

・男子学校対抗 7位/37校

1次トーナメント 1回戦 〇3-0(北須磨)

1次トーナメント 2回戦 〇3-1(神戸野田) → 神戸市予選通過 県大会へ

2次トーナメント 1回戦 〇3-0(葺合)

2次トーナメント 2回戦 ×0-3(滝川)

 

神戸市新人2020(3)

 

・女子学校対抗 3位/26校

1次トーナメント 2回戦 〇3-0(愛徳学園)→ 神戸市予選通過 県大会へ

決勝トーナメント 2回戦 〇3-1(須磨翔風)

決勝トーナメント 3回戦 ×2-3(兵庫)

 

神戸市新人2020賞状

 

・男子シングルス

予選 1名(胡)通過 県大会へ

決勝トーナメント(胡)1回戦 〇3-0(御影)

決勝トーナメント(胡)2回戦 ×0-3(滝川)

 

神戸市新人2020(4)

 

・女子シングルス

予選 2名(竹内・留岡)通過 県大会へ

決勝トーナメント(竹内)1回戦 ×0-3(葺合)

決勝トーナメント(留岡)1回戦 ×0-3(鈴蘭台)

神戸市新人2020(1)

 

前回の公式戦から、約1か月後の本大会でした。

練習期間は短かったですが、練習成果があらわれている場面を見ることができ

練習をきっちり設定しておくことが大切だと改めて思いました。

団体戦では、コロナ感染対策で応援に制約があるものの、応援を感じることができ勝利できたと

言っている部員が多数で、チームで勝つ喜びを感じている様子がうかがえました。

約2か月後の県大会まで、定期考査、研修旅行などで、練習日があまりありませんが

約1か月間の練習内容と本大会の試合内容を振り返って、練習内容を調整して練習に励んで

いってもらいたいです。

 

全日本卓球選手権兵庫県予選会

 

 

● 8月13日(木)~15日(土) 全日本卓球選手権兵庫県予選会 @ グリーンアリーナ神戸

 

男子 16名、女子5名が、本大会(シングルス)に出場しました。

 

<試合結果>

・男子

5回戦 1名  4回戦 2名

3回戦 3名  1、2回戦 10名

 

・女子

3回戦 2名  1、2回戦 3名

 

県ジュニア2020(1) 県ジュニア2020(2)

県ジュニア2020(3)

 

 

同じサーブ、同じレシーブの失点と、単調な試合をしてしまっている部員は、劣勢な展開を打開する

手立てなく敗戦していました。サーブやレシーブにメリハリをつけて試合ができていた部員は、ある程度

勝ち進むことができていました。

前回の代替試合の試合内容と今回の試合内容を分析し、課題練習を重ねて、1か月後の神戸市新人戦に
のぞんでいきたい。

 

令和2年度 神戸市内高等学校卓球大会(代替大会)

 

 

 

 

● 7月24日(金・祝) 神戸市内高等学校卓球大会(代替大会) @ グリーンアリーナ神戸

 

兵庫県高等学校総合体育大会中止に伴い、本大会(代替大会)が開催され

高校3年生(4名)と高校1、2年生(10名)が出場しました。

 

<試合結果>

・学校対抗

男子 1回戦 〇3-2(夢野台) 2回戦 ×0-3(葺合)

女子 2回戦 ×1-3(神戸野田)

 

a  c

 

・シングルス

男子 4回戦・・・2名(川本、松岡)  3回戦・・・1名  1,2回戦・・・5名

女子 5回戦(ベスト16)・・・1名(伊藤)  3回戦・・・3名   2回戦・・・2名

 

d f

e

 

サーブの組み立て、決定打を仕掛けるかどうかの判断が優れている選手が試合に勝てていました。

単調なサーブ、急いで決定打を決めにいってミスをするなどが改善されて試合に取り組めるように

なっている部員もいて、練習成果が表れていました。

今日の試合の課題点を整理し、更に磨きをかけてもらいたいです。

 

コロナウィルス感染拡大の影響で、総体関係の試合が中止になってしまい、特に3年生にとっては

これまでの練習の集大成をぶつける場面がなくなってしまいましたが、大会運営の方々のご尽力も

あり、本大会が実施され、最後に練習の成果をみせることができました。

試合結果は色々でしたが笑顔で楽しんで試合にのぞめていた3年生の姿もありとても印象的でした。

ありがとうございました。

 

これで、3年生は引退となり、次の代に交代します。

練習内容などしっかり話し合って、自分たちの色を出して

練習に取り組んでもらいたいものです。