活動レポート

天皇杯・皇后杯 平成26年度全日本卓球選手権大会

● 1月11日~13日 天皇杯・皇后杯 平成26年度全日本卓球選手権大会(東京体育館)

 

・ジュニア男子シングルス

1回戦 各務 博志(須磨学園) 0-3 久保 一矩(専大北上)

 

入念に準備をし、戦略をたてて臨んだが、初戦で勝ち星をあげることができませんでした。

全国のレベルの高さを思い知らされました。

2月の大阪国際招待選手権など、次の大きな試合では初戦突破できるように、

技術面・体力面・精神面を鍛えていきたいです。

間近でプロ選手のプレーを見ることができる、貴重な機会でもあり、

多くのことを学べた遠征となりました。

 

 

IMG_1606

IMG_1610

IMG_1626

kagami

兵庫県高等学校新人卓球大会

● 11月8日・9日 兵庫県高等学校新人卓球大会(南あわじ文化体育館)

 

・男子学校対抗

1回戦 ○3-0(姫路東)

2回戦 ×2-3(八鹿)

 

・男子ダブルス

各務・大場 1回戦 ×0-3(芦屋学園)

 

・男子シングルス

染谷 1回戦 ×1-3(伊丹北)

各務 4回戦 ×0-3(滝川)→ 9位決定戦へ

9位決定戦

○3-2(報徳)

○3-1(滝川)

×1-3(報徳) → 10位/96人

 

「レシーブを短くストップ系で返球することで相手の攻撃を封じて戦っていく」

ことが予想以上に有効で、応援している部員にとっても参考になった試合でした。

試合は、最後の最後まで夜遅くまでかかり部員も疲れてきっていましたが

大きな収穫を得ることができた良い遠征となりました。

 

県新人2014

本大会の一番最後の試合でした。

 

神戸市中学新人戦(須磨区予選会)

● 10月4日(土)神戸市中学新人卓球大会(須磨区予選会)(飛松中学校)

 

男子1名、女子2名がシングルスに出場しました。

 

須磨区新人20141004

 

練習でやっている内容を完全にできるようになるまで、日々練習を積んでいきたいです。

あと、色々なサーブをとる練習も必要と感じました。

 

<試合結果>

男子:2回戦(×0-3)

女子:2回戦(1回戦○3-2、2回戦×2-3)、1回戦(×0-3)

神戸市高等学校新人卓球大会

● 神戸市高等学校新人卓球大会(9月14日、15日(神戸市中央体育館))

 

男子10名、女子2名が、大会に出場しました。

 

<結果>

男子学校対抗・・・2次トーナメント進出(ベスト4)・・・6位

男子シングルス・・・決勝トーナメント2回戦1名、予選トーナメントブロック決勝2名

男子ダブルス・・・決勝トーナメント1回戦1組

女子シングルス・・・予選トーナメントブロック決勝1名

 

神戸市高校新人

 

男子学校対抗決勝トーナメントでは、熱戦を繰り広げて一体感をもって試合をすることができました。

しかしながら強豪校には、まだまだ敵いませんでした。

ただ決めるだけ(コース・スピードなどが単調,決めた後の戻りが遅い etc)の攻撃では通用しないことを実感することができました。

 

神戸市総体(須磨区・中学予選会)

● 神戸市総体予選会(須磨区・中学)(9月6日(土))

 

男子2名(3年、1年)、女子2名(2年)がシングルスに出場しました。

 

須磨区中学みなと

 

女子2名については、今回が公式戦デビューとなりました。

練習してきた3球目攻撃の展開で、得点できた部分もあったが、相手のサーブに対応できていない様子でした。

 

<結果>

・男子・・・仁井(3年生の部トーナメント:1回戦)、辻村(1、2年生の部トーナメント:4回戦)

・女子・・・2名とも  2回戦 × 1-3

 

午後には、例年通り、出場校による練習試合が行われました。

4名とも10試合以上できて、色んな選手のサーブをレシーブすることができとても勉強になりました。

 

平成26年 須磨区高等学校選手権大会

●平成26年 須磨区選手権大会(高校 個人戦 男女別)

8月30日(土)に、須磨学園の武道館で、須磨区高等学校選手権大会がおこなわれました。
男女別シングルスの試合で、本大会は神戸市総体の須磨区代表選考会を兼ねています(代表男女各2名)。

須磨学園からは、男子5名、女子2名が参戦しました。

 

DSC_0375

 

DSC_0380

多くの部員が強豪校の選手にも臆せず立ち向かい、自分のプレーを貫くことができました。
ラリーになった後、最後まで攻めきる力をつけることが今後の課題でしょうか。

練習方法などを検討し、さらなるステップアップを目指していきます。

 

〈試合結果〉
各務(2年)、冨永(2年) 男子3位入賞
渡邉(1年) 女子3位入賞

 

DSC_0392

DSC_0388

全日本選手権大会(県ジュニア予選)

● 8月18日、20日 全日本選手権大会(県ジュニア予選)

 

男子9名、女子2名が、試合に出場しました。

 

県ジュニア2014

← 3年生が引退してから初めての公式戦。新チームのユニフォームがとてもかっこいいです。

 

<試合結果>

男子:

9回戦(ベスト8)・・・1名(各務)

→ 見事予選を通過し、1月に東京で実施される全国大会への出場が決まりました。

 

5回戦・・・1名  3回戦・・・2名  1、2回戦・・・5名

→ できていなかったことができるようになり、試合結果に表れた選手もいました。

 

女子:

5回戦(ベスト64)・・1名  1回戦・・1名

→ 高校から卓球をはじめて、今回がデビュー戦でしたが… 相手のサーブをとれるようにしたいです。

 

カデット大会(須磨区→神戸市→兵庫県)

● カデット大会(1年生シングルスの部)

1年生男子1名(辻村)がカデット大会に出場しました。

 

<試合結果>

・8月2日 須磨区予選会 → 準優勝(神戸市大会へ進出)

・8月11日 神戸市予選会 → ベスト16(兵庫県大会へ進出)

・8月31日 兵庫県予選会 → 3回戦進出

 

ブロックやツッツキなどで相手の球をうまく返して崩していく展開で勝ち進んでこれました。

止めきれない場合の戦い方(先に攻める。ブロック強化など)が今後の課題である。

 

須磨区カデット2014   神戸市カデット2014

神戸市総体(中学)

● 神戸市総合体育大会(中学・卓球・個人戦)(7月19日(土))

 

男子4名(3年3名、1年1名)が出場しました。

 

2014市総体中学(1)  2014市総体中学(2)

 

敗れはしたが、安定感のあるプレーができている場面もありました。

次、勝つことが期待できそうです。

やたらと失敗の多い選手については

本当にできていない技術(ツッツキで多く失敗する。決定打がほとんど入らない。サーブ2連続失敗 など)

をミスの2文字で片づけてしまわない考え方を個々がしっかり持つことが大切だと感じました。

 

<試合結果>

3回戦・・・1名 2回戦・・・2名 1回戦・・・1名

 

須磨区総体(中学)・国体市予選県予選(高校)

● 須磨区総体(中学)(6月14日(土))

2014須磨区総体02  2014須磨区総体01

2回戦の勝ち試合は、善戦して勝つことができたが、3回戦では、表ラバーの選手に対応ができずに負けました。

いろんな戦型の選手に対してどのように戦っていくか、どう練習するか… が今後の課題の1つだと改めて認識する結果となった。

<結果> シングルス(男子4名) → 3回戦 1名、2回戦 3名

 

● 国体神戸市予選(高校)(6月14日(土))&  国体兵庫県予選(高校)(6月21日(土))

2014国体市予選

<結果>

神戸市予選:シングルス(男子13名、女子1名)→ 予選通過 2名、ブロック決勝敗退 4名

兵庫県予選:シングルス(男子2名) → 各務:棄権、富永:1回戦 ○3-0、2回戦 ×2-3(洲本)

 

神戸市予選では、以前よりもブロック決勝まで進出できる選手が増えてきたが、ブロック決勝ではほとんどの選手が勝てなかった。

あと少しという場面で、ながれを自分に引き付けることができる戦術や展開があれば…  と思った場面がところどころに見られました。

10 / 12« 先頭...89101112

活動報告

お知らせ