活動レポート

神戸市総体(須磨区予選会・中学)

● 9月5日(土) 神戸市総体(須磨区予選会・中学)

 

男子シングルス1名がこの大会に出場しました。

 

みなと大会2015(中学)

 

<結果> ベスト4

 

1カ月前に勝った選手に敗戦しました。話によると卓球を習いだしたそうです。

練習量で負けていることが予想されます。

全日本卓球選手権大会(カデット)(須磨区→神戸市→兵庫県)

全日本卓球選手権大会(カデット・2年の部)に、男子1名が参加してきました。

 

<試合結果>

● 7月31日(金)・・・須磨区予選会(飛松中学校) 準優勝

 

須磨区の同学年試合で、3回連続決勝戦で同じ相手に敗戦しましたが

前回の決勝戦に比べて、戦術的に試合を運べている場面もありました。

 

● 8月8日(土)・・・・神戸市予選会(グリーンアリーナ神戸) 4回戦(ベスト32)

 

神戸市カデット2015

 

自分の持ち味で、手堅くプレーができ、4回戦まで勝ち進むことができました。

 

● 8月30日(日)・・・兵庫県予選会(加古川市立日岡山体育館) 2回戦

 

150830_1000

 

2回戦で、シード選手と対戦しました。

1セット目の前半と中盤までは、コース取りで優位な展開ではあったが、それ以降サーブが取れずに敗戦しました。

相手のサーブを不利にならないように返球することが今後の課題だと感じた一戦になりました。

神戸市高校総体須磨区選考会

● 2015年 8月29日(土) 神戸市総体(高校・須磨区選考会)

 

本大会に、男子シングルス 5名、女子シングルス 3名が出場しました。

 

<試合結果>

 

男子: 4回戦(ベスト8)・・・2名  3回戦・・・1名  2回戦・・・2名

女子: 5回戦(準優勝・渡邉) 4回戦(ベスト4・竹本) 2回戦・・・1名

 

150829_0911   150829_1103

 

競り合いの試合で、最後にサーブのレシーブでの失点が目立っていました。

回転の分かりにくいサーブに対しても、攻撃ができるように練習していきたい。

 

150829_1247

全日本卓球選手権大会(兵庫県予選会)

● 8月17日、19日 全日本卓球選手権大会(兵庫県予選会)

 

本大会には、男子7名、女子3名が出場しました。

3年生が引退してからの最初の公式戦となりました。

 

2015県ジュニア

 

<試合結果>

男子:4回戦・・・1名 3回戦・・・2名 2回戦・・・2名 1回戦・・・2名

女子:5回戦(ベスト64)・・・1名(竹本) 3回戦・・・1名 2回戦・・・1名

 

自分の得意な展開で試合ができたかどうかが結果に大きく影響しました。

まさに、戦術の大切さを改めて実感した試合ばかりでした。

 

 

 

尼崎市高等学校卓球合同練習試合会

700名近くが参加する、兵庫県周辺の高校生対象のオープン戦です。

シングルスのみで、予選リーグの結果を基に順位別トーナメントへと進みます。

須磨学園からは男子4名、女子3名が参加しました。

 

●8月4日(火) 平成27年度 尼崎市高等学校卓球合同練習試合会@ベイコム総合体育館

〈試合結果〉

◯男子

1位トーナメント2回戦進出  藤本

2位トーナメント進出 中田・友近・仁井

 

◯女子

1位トーナメント進出 渡邉

2位トーナメント進出 竹本(ベスト8)・香西

 

9-9やジュースのスコアでも、しっかり動いて攻められるかどうかが

勝敗を分ける鍵になりました。

動きを伴う練習を続け、攻撃の精度を増していきたいです。

 

 

IMG_2626

 

IMG_2625

 

 

 

近畿高等学校卓球選手権大会

本大会には、各府県の上位16名(16ペア)が出場できます。

本校からは男子シングルス1名、

男子ダブルス1ペアが出場しました。

 

●7月20日(月)~7月22日(火) 第69回近畿高等学校卓球選手権大会@大阪府立体育館

〈試合結果〉

◯男子ダブルス

【1回戦】

各務・冨永(須磨学園)3―0速水・黒田(奈良・帝塚山)

近畿初試合でしたが、しっかり動いて攻めきりました。

【2回戦】

各務・冨永(須磨学園)3―1中垣・迫谷(和歌山・新宮)

丁寧につなぐべきところと、思い切って攻めるところの判断を明確にし、

接戦を何とか切り抜けました。

【3回戦】

各務・冨永(須磨学園)0―3木原・高橋(京都・東山)

目標としていた第1シードとの試合でした。

2セット目は作戦が効いて、9-9まで迫りましたが、

ドライブの球威やチキータに終始圧倒されました。

 

男子ダブルス  各務・冨永組 ベスト32

 

◯男子シングルス

【1回戦】

各務(須磨学園)3―0森(滋賀・近江兄弟社)

1セット目を15―13で取ったことにより力が抜け、

変化ラバーに落ち着いて対応できるようになりました。

【2回戦】

各務(須磨学園)0―3多田(大阪・大阪星光学院)

初戦に続き、イボ高の相手でした。

サービスとドライブの回転量に対応できず、

最後まで相手のペースで試合が進みました。

 

男子シングルス  各務  2回戦進出

 

——————————-

本大会に出場した2名は3年であるため、この試合で引退となります。

卓球に向けた熱意を今後の学校生活にも活かし、

最後まで充実した高校生活を送ってほしいと願っています。

 

150721_1508

150720_1351

 

 

神戸市中学校総合体育大会

●  神戸市中学校総合体育大会(7月11日(土))

 

男子3名、女子2名がシングルスの部に出場しました。

 

<試合結果>

男子:2回戦 1名 1回戦 2名

女子:2回戦 1名 1回戦 1名

 

150711_0957

 

チャンスボールだけど…

・回転が残っていてとらえにくい球

・体勢が少し崩れていて本来の決定打では決めれない球

攻撃ができる展開(チャンスメイク)は、以前よりできるようになってきている。

これからは、「チャンスボールだけど… 」の部分に気を配って練習していくことが大切だと

感じました。

国民体育大会予選(神戸市→兵庫県)

国民体育大会の兵庫県代表4名を決める大会です。

神戸市予選には本校から男子12名、女子5名が参加し、

男子2名(1名は無条件出場)女子1名が本戦に進出しました。

 

●6月14日(日) 第70回国民体育大会神戸地区予選@神戸市立中央体育館

〈試合結果〉

◯男子

無条件出場1名(各務;3年)

予選突破 1名(冨永;3年)

代表決定戦進出2名

3回戦進出4名

2回戦進出2名

 

◯女子

予選突破 1名(渡邉;2年)

3回戦進出1名

 

近畿総体に出場しない高3にとっては、これが引退試合となりました。

1人1人が自分の経験から、後輩に向けたメッセージを残してくれました。

これから新しい世代に交代しますが、良き伝統を残しつつ、

自分たちのカラーを出していってほしいと思います。

 

150614_1553

————————————————————————-

●6月20日(土) 第70回国民体育大会 兵庫県代表選考会@姫路市立中央体育館

〈試合結果〉

神戸市の代表として、男子部員2名、女子部員1名が出場しました。

◯男子

各務(3年) 準優勝

・・・十二分に力を発揮し、接戦をものにし続けて勝ち上がることができました。

真っ向勝負では分が悪い選手に対して、相手の弱点を突くプレーに徹し勝利した場面もあり、

戦術の大切さを実感できる試合でした。

 

冨永(3年)1回戦敗退

・・・自分から仕掛けた展開ではしっかり得点できていました。

伸びたり、曲がったりするボールへの対応力が上がれば、まだまだレベルアップできると思います。

 

◯女子

渡邉(2年) 2回戦進出

・・・異質の選手に対し、以前よりうまく対応できるようになりました。フォアで攻めきる練習も

重ねていきたいです。

 

150620_1036

 

男子2名は7/20の近畿総体にも出場します。

残り少しですが、悔いのない取り組みをしてほしいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

須磨区中学総体

● 6月20日 須磨区中学校総合体育大会

男子3名、女子2名がシングルスに出場しました。

 

<試合結果>

男子 2回戦・・・1名、1回戦・・・2名

女子 3回戦・・・1名、1回戦・・・1名

 

須磨区中学総体2015

 

戦術的にサーブを使って試合に臨めていた部分が見られ、観戦していても面白かったです。

日々の練習が結果に結びつきそうではあるので、引き続き取り組んでいきたいと思います。

兵庫県高等学校総合体育大会

● 6月5日~7日 兵庫県高等学校総合体育大会

 

男子学校対抗、男子ダブルス、女子ダブルス、男子シングルスに出場しました。

 

<結果>

男子学校対抗・・・2回戦 ×1-3(篠山産業)

女子ダブルス(渡邉・竹本)・・・1回戦 ×0-3(市立西宮)

男子ダブルス(各務・冨永)・・・4回戦(ベスト16)→ 近畿大会出場

男子シングルス(各務)・・・4回戦(ベスト16)→ 近畿大会出場

 

2015県総体01 2015県総体02

2015県総体03  2015県総体04

 

男子学校対抗の敗戦で雰囲気が盛り下がってしまっていたが

その流れを切り替えて、ダブルス戦に臨むことができました。

また、須磨学園のTシャツを着て自主的な応援をするなど、今まで以上に部員たちのやる気を感じました。

 

 

活動報告

お知らせ