活動レポート

平成30年度全国高等学校総合体育大会・全国高等学校選手権大会

7月31日~8月2日に三重県鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜で平成30年度全国高等学校総合体育大会・全国高等学校選手権大会が行われました。
7月31日は公式練習と開会式が行われました。
IMG_1370

8月1日個人戦1日目
5組出場(木瀬・平岡組、大野・安保組、江藤・長野組、石坪・掃部組、田中・望月組)
IMG_1424
IMG_1520IMG_1525IMG_1523IMG_1524
IMG_1405IMG_1397IMG_1539IMG_1546
IMG_1556IMG_1539IMG_1429IMG_1467

2日目には木瀬・平岡組、石坪・掃部組が残りました。
2日目に残った選手で石坪選手は、中学時代は市内総体で負けてしまい県総体への参加ができていない選手でしたが、勉強と部活を頑張りたいということで須磨学園を選び、通学に2時間以上もかけ人一倍努力をしてきた結果、3年生でやっと掴んだインターハイで最後の最後まで走る粘り強い試合をし1日目を勝ち抜きました。心がジーンとするような感動する試合を見せてくれました。
他の3組も、非常に頑張りましたが全国のレベルは高く1日目敗退となりました。

個人戦結果
ベスト16 木瀬晶絵・平岡琴惠組(皇后杯出場権獲得)
ベスト64 石坪・掃部組
IMG_1609IMG_1577
3回戦敗退 大野・安保組
2回戦敗退 江藤・掃部組、田中・望月組


団体戦
IMG_1647IMG_1649
IMG_1653IMG_1718

第3位
2回戦 須磨学園③-0八戸工大一(青森)
3回戦     ②-1岡崎城西(愛知)
4回戦     ②-0和歌山信愛(和歌山)
5回戦     1-②北越(新潟)
IMG_1772
IMG_1807IMG_1824
IMG_1843
全国大会団体戦での第3位という結果は初めてで、チーム全員で掴んだ銅メダルでした。
準決勝、三番勝負で試合をした江藤・掃部組は負けた瞬間悔し涙を流し、それを励ますよう駆け寄ったチームメイトの姿が印象的でした。本気で日本一を目指していたからこその選手の悔し涙であったと感じました。それを見ていた後輩たちは色々な事を思い、先輩が叶えられなかった日本一という目標を叶えたいと感じてくれたと思います。
市内総体・県総体・近畿総体・全国総体と本当にたくさんの方に応援して頂き、今回の結果を出すことができました。
応援ありがとうございました。今後も、気持ちを新たにさらに上位を目指し頑張りますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。