SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

教育方針

3つの「生きる力」

社会の中でなりたい自分を
実現するために

国際性

Internationality
  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 実行力 異文化理解能力

専門性

Specialty
  • 基礎学力
  • 論理的な思考力
  • 専門性 独創性

人間性

Humanity
  • 人間性 倫理観
  • 社会性 責任感
  • 仕事に対する意識の高さ

SUMA STANDARD PROGRAM

社会の変化に対応する能力を育む

現代は変化の激しい多様な価値観が溢れる時代です。そのような変化の中で、自己実現を図り、社会に貢献するためには様々な能力が求められます。学校生活や行事を通して人との関わりを考え、また平和について深く考えることはいつの時代であっても大切です。さらに、情報、英語、国際理解を関連付けて学ぶことも有効です。本校の様々なプログラムに主体的に取り組み、社会の変化に対応できる能力を身につけてください。

教頭 土屋博文
教頭 土屋 博文
国際理解教育

1年生では希望者に2種類の短期留学プログラムがあります。カナダ・バンクーバーでのホームステイのプログラムと、イギリス・オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の寮に滞在するプログラムです。また、日本の大学に留学中の海外からの大学生・大学院生とディスカッションを行う「エンパワーメントプログラム」を本校で実施します。英語だけでなく、異文化への理解や世界の中での自分を考える貴重な機会です。 >>国際理解教育についての詳細をみる

ホストファミリーと一緒に誕生日パーティーを開きました。
ホストファミリーと一緒に誕生日パーティーを開きました。
ロンドン市内を現地の学生が案内してくれました。
ロンドン市内を現地の学生が案内してくれました。
TBM教育 To Be Myself

自己実現のために「なすべきこと」を考え、更に細かく「小さな行動」に分解するのがプロジェクトマネジメント。それを「いつするのか」考えて計画するのがタイムマネジメントです。1年を52週と考え、毎週1時間、タイムマネジメントの時間で1週間を綿密に計画します。学習効率が上がることで、成績の向上と自己管理にも大きな効果をもたらしています。

PMTMを使うことで偏らない学習プランができます。
PMTMを使うことで偏らない学習プランができます。
ICT教育Information & Communication Technology

ICT環境を整備した情報室を活用して、情報教育に取り組んでいます。情報科の授業では、コンピュータの仕組み、アルゴリズムやプログラミング、プレゼンテーションの仕方などを扱っています。また、情報系の学部・学科への進学、資格の取得やコンテストへの出場などもサポートします。2010年度に「制携帯」を導入しました。禁止するより危険性やモラルを学んで使いこなすことを目的にしています。警視庁が作成したビデオを視聴したり、外部講師による講演会を聴いたりするなど、生徒自身が携帯電話やSNSの使い方について考える機会を設けています。

最新の設備が整った情報室では、制携帯を使った授業も行われます。
最新の設備が整った情報室では、制携帯を使った授業も行われます。
LCT教育 Leadership & Collaborative Teamwork

日々のホームルーム活動や多くの学校行事を通して、社会生活において欠かすことのできないコミュニケーション能力を養います。体育祭や文化祭、チャリティコンサートなど、生徒会がリーダーシップをとって企画・運営する行事では、生徒たちが協力してひとつのものを創り上げていきます。

体育祭の応援合戦。上級生がリーダーシップを発揮し団をまとめます。
体育祭の応援合戦。上級生がリーダーシップを発揮し団をまとめます。
清掃活動や募金活動を行います。
清掃活動や募金活動を行います。
BNIT教育Books, Newspaper, Internet, Television

須磨学園では、総合科目としてBNITという演習形式の授業を行っています。BNITとは、Books, Newspapers, Internet, Televisionの頭文字で、図書室にあるさまざまな情報検索用のツールを用いて、班ごとに課題を解決する授業です。例えば、「世界遺産」という言葉は耳にしたことがあると思いますが、誰がどのように決めるのか、具体的にはどんな遺産があり、どのような過程で選ばれたのかを、本や新聞、パソコン、テレビを使って調べるのです。現代は文明の利器のおかげで膨大な情報が容易に得られる反面、必要な情報が何なのか見えにくくなっています。そのような問題を解決するため、この演習では情報の選別も含め、検索の仕方を学んでいきます。

与えられた課題を図書館にある本やiPadを利用して調べます。
与えられた課題を図書館にある本やiPadを利用して調べます。
平和学習

3年生の春に広島を訪れます。被爆された方から事前に当時の体験談を聞き研修に臨みます。原爆ドーム、平和記念資料館の見学や現地でのセレモニーは、将来にわたって世界の平和を考える大きな鍵となります。

代表生徒が「原爆の子の像」に千羽鶴を奉納しました。千羽鶴は事前にみんなで折ったものです。
代表生徒が「原爆の子の像」に千羽鶴を奉納しました。千羽鶴は事前にみんなで折ったものです。
最後に一人ひとりが献花をしました。平和について深く考える一日となりました。
最後に一人ひとりが献花をしました。平和について深く考える一日となりました。