活動レポート

S2-3(高1)の個人研究

須磨学園の文化祭では、毎年個人研究の展示があります。
今回は、S2-3(高1)の2人の生徒の展示を紹介したいと思います。

1
この研究では、「センター試験英語の過去の出題単語数」を調べています。センター試験の英語の出題単語数を調べることで、英語の試験の対策ができるのではないかと考え、パソコンでプログラミングをして出題単語数を調べており、そのアイデアで理事長賞を獲得しました。

2
他のクラスの友人と共同で「クレーンゲームと景品の重心の関係について」という研究を展示している人もいました。クレーンゲームでうまく取るためには、重心を見極めて取ることが必要だということを研究して、実際にクレーンゲームも自作しており、学園長賞を獲得しました。
この他にも見ていて飽きない研究がたくさんあり、たいへん面白かったです。

S2-3 広報推進委員

活動報告

お知らせ