活動レポート

J2校外学習~J2-3~

J2学年は4月17日に春の校外学習として、災害や防災に関する施設に行きました。
午前中は三木市にある兵庫県広域防災センターに行きました。
まず講堂で「自分で守る」防災の話をしていただきました。災害が起こった時はまず自分の命を守り、自分から行動を起こすことが大切だと教わりました。

 

その後、地震の揺れや火事の煙の体験をしました。
地震の体験では、起震車という車に乗り、震度7の強い揺れを体験しました。
皆、思ったよりもっと激しい揺れにとても驚いていました。
photo1

 

火事の体験では、水蒸気が充満した暗い迷路を進むというものでした。
水蒸気がなかったらとても簡単な迷路なのですが、水蒸気で周りの壁が見えなくて、出るのにとても時間がかかりました。

 

次に備蓄倉庫の見学をしました。
ここには災害が起こった時のためのとてもたくさんの食料や備品などを保管していました。広域防災センターでは災害に関する様々な体験をさせていただきました。
この経験を忘れないようにしていきたいです。
photo2photo3

 

午後には、「人と防災未来センター」に移動して震災について学びました。
photo4photo5
 

阪神淡路大震災の被害や復興についての展示を見て回りました。
photo6photo7
 

J2-3 広報推進委員

活動報告

お知らせ