活動レポート

第65回兵庫県高校総体アーチェリー競技決勝ラウンド

6月5日(土)兵庫県加東市滝野総合グラウンドにて高校総体の決勝戦が行われました。
先週の予選を勝ち抜き、V2女子生徒2名が個人出場しました。
前日の準備では大雨でグラウンドも最悪の状態でしたが、決勝当日は曇天無風でベストコンディションとなりました。
IMG_2551
試合開始に向けてシューティングのイメージを大事にしたアップを行います。
試合前テント2名
競技は70mの距離で6射×6回の36射を2セット行い、総合計得点で順位を競います。
1回目2名
最後の高校総体で最高のゲームができること、記録も大切ですが、生涯記憶に残る良い試合をすることがテーマです。
浜中リリース坂井リリース矢取り2名的前チェック2名
途中から風も吹き、矢が右に流されることや緊張から点数を落とす回もありました。
しかし、最後の1射までベストを尽くして競技が終了しました。
ー結果ー
70m女子個人総合 第4位 坂井優理
坂井が総合4位に入賞しました。7/10 7/11に和歌山県日高川町で行われる近畿高校アーチェリー選手権大会に出場が決定しました。
坂井表彰1総体2ショット
個人での全国出場近畿大会出場を目指して戦いました。結果はともかくこれまでの集大成として臨んだ最後の高校総体でした。
両名ともに上位9名に残ったことで次週と再来週の国体選手選考記録会に出場します。
受験生として学業との両立が課題となりますが、大きな舞台で活躍できることを目標に、もうしばらく弓を置かずに頑張ります。

ご覧いただきありがとうございました。

活動報告

お知らせ