活動レポート

2020年度兵庫県室内アーチェリー競技大会

11月21日(土)、22日(日)
兵庫県総合リハビリテーションセンター内兵庫県立障害者スポーツ交流館にて
2020年度兵庫県室内アーチェリー競技大会が実施されました。
S2男子1名、K1女子1名、V1女子2名、V2女子1名が出場しました。
コロナ禍での実施方法として、密集を避けて2日間で各種別を分散した大会となりました。
■11月21日(土)
第2部・高校男女Bフライトにデビュー戦として高1生2名が出場しました。
樋口山下
初めての大会出場で緊張の中、気持ちを落ち着けて的を狙います。
樋口チェック山下チェック

第3部・高校女子AフライトにV1女子2名が出場しました。
この大会結果で兵庫県の後期強化選手が選抜されます。
坂井個人浜中リリース坂井浜中
坂井30金浜中チェック
3つの的それぞれに1本ずつ当てるルールですが、集中してど真ん中を狙います。
10点・10点・10点、9点・10点・10点の好結果です!

■11月22日(日)
第4部・成年(学生・一般・高3生)の部にV2生1名が出場しました。
全日本出場選手、昨年の国体出場メンバー(本人を含む)が揃ったハイレベルな大会となりました。
西尾全体立ち
西尾アップ西尾リリース

【大会結果】
高校女子Aフライト 優 勝 V1-3浜中 葵 
        第4位入賞 V1-2坂井優理
 
1年ぶりの室内大会でしたが、V1浜中が高校女子のトップになりました。高1生はこの経験を次につなげたいと思います。
久しぶりに出場したV2西尾は次のステージで活躍するために、ステップアップとなる良い機会になりました。

            最後までご覧いただきありがとうございました。
  
   
 

    

 

活動報告

お知らせ