SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

教職員紹介

図書部長
BNIT部長

社会科を学ぶことは、これからを生きていく皆さんがよりよい社会を築いていくための基礎をつくることであり、市民社会の一員として生きていくために必要な力を身に付けるための教科です。歴史は、過去に学ぶことで現在起こっている出来事を読み解き、よりよい未来を生み出すための学問であり、地理では、自然の偉大さとそれを活用して生きる人間の知恵とこれからの自然と人間の関わり方を考えさせられます。また公民の学習では、政治や経済活動、人権、情報モラル等、社会のしくみを学びながら、全ての人が人間らしく生きるための方法を一緒に考えます。社会科は、「暗記」科目ではなく、「考える」科目であることから学校図書館で授業を行うことが多々あります。
須磨学園高等学校・中学校では、学校図書館の3つの機能「読書センター・学習センター・情報センター」を念頭におき、いつも「人」のいる学校図書館、生徒が使いやすい、授業等に役立つ学校図書館づくりを進めていくことで、みなさんの学生生活の一助になりたいと思います。