SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

教職員紹介

S2(高1)学年副部長

生物は暗記ばっかりでしんどい・・・・カタカナがやたら多くて覚えにくい・・・そんな印象を持っている方は、少なからずいます。
確かに、生物は覚えることが多いのは事実です。これらを断片的に丸暗記するのであれば、電話帳を丸暗記するのと同じです。
それは苦痛でしかありませんし、将来的に役立てるのは難しいでしょう。
しかしながら、生物一つ一つの事柄には、必ず土台となる背景と本質があります。
知識の背景と本質を学び、実践することで、知識が身につくだけでなく、思考力も鍛えることが出来るのです。

近年、知識よりも思考力が大切であるといわれ、さまざまな改革が行われています。
確かに、知識ばかり多くても、自分の頭で、主体的に考えることが出来なければ意味がないかもしれません。
とはいえ、知識があっての思考力です。教わった知識が興味の取っ掛かりになることはあります。
知識が不足していれば、疑問を持つことも、良い知恵が生まれることもありません。これは、生物をはじめとする教科の勉強に限りません。
日常生活での様々な出来事や人間関係のトラブルでさえ、きちんと意味や理由があるはずです。
相手の置かれている立場や事情を想像するにも、そして理解するにも、正確な知識を持たずしては出来ません。
正確な知識無くして、主体的な学びや、相手を思いやる気持ちなど、出来るわけがないのです。

専門的な知識をもつ大人や、多くの経験をしてきた大人と多く出会い、多く話すことで、本当に色々なことを学べます。
そして、それを踏み台に、多くのことを主体的に考えられます。そんな環境が、須磨学園にはあります。
ようこそ、須磨学園へ。