SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

教職員紹介

S1(中3)学年副部長
国際部(AAE)部長

「授業」と考えるときに何を思いつきますか。先生は教室の前で授業を進め、生徒は学習ポイントと情報を必死に書こうとします。科目によってこのスタイルは効率的かもしれませんが、英語では違います。須磨学園では、英語を解く力より、英語で考える力を養います。これを達成するためにアクティブラーニングや自主的な活動を定期的に行います。自然なインプットによって生徒は自分の意見をまとめてアウトプットできるようになります。このように須磨学園で自然に英語力がつくことで、受験を見事に成功させるだけではなく、新しい考え方を得たり、情報収集のツールとして英語を使えたりするようになります。