SUMA GAKUEN
学校法人
須磨学園

理事長・学園長メッセージ

理事長西 泰子

主体性を育てる

須磨学園は、時代の要請と社会の要求に応えることを目標とし、次の段階の教育を受けるに相応しい学力と人間性を兼ね備えた目的意識の高い生徒の育成を目指しています。

色々な人のありようや価値観を認めていくこの時代の中で、「どのような自分になるのか・なりたいのか」を探し求め、「どのように社会と関わっていくのか」をそれぞれに考えてもらうことを大切にしています。

知識の習得だけでなく自分が考えて決めた進路を選択し、主体的に生きていってください。

一人ひとりが流されることなく「こうありたい自分」になるためにひたむきに努力し、自己を実現していただきたい。私たちはそのための支援を惜しみません。

学園長西 和彦

6年一貫でなければできない教育

中学高校課程をなるべく早く終え、受験準備に早く取りかかれるように、普段の授業に取り組みます。

その余裕によって、いろいろな新しい人生の課題に取り組んでいきます。中学高校時代のどこかで、「自分は何なのか」ということに目覚める瞬間がやってきます。その時のために、情報技術、新聞・読書、国際理解、道徳・良心・平和、リーダーシップ、自己実現などの分野で、大人になるための勉強をします。

本学園の多様な教育課程を通して、一人ひとりが個人の持つ潜在的な可能性に目覚めて21世紀の日本を担う人材に育っていただきたいと願っております。